おっぱいパブ・セクキャバってどんなところ?プレイ内容や相場を徹底解説!

おっぱいパブやおっパブ、セクキャバという風俗があるということは聞いたことがあるけど、具体的にどんなプレイをするのか、キャバクラとは何が違うのか、ということまで詳しく知っている方は少ないかもしれません。

 

周りの同僚や仲間におっパブ好きな人がいると聞きやすいですが、周りが真面目な人ばかりだとおっパブがどんなところか、なんてなかなか聞けないですよね。

 

この記事では、おっぱいパブやおっパブ、セクキャバとは一体どのようなところで具体的にどんなプレイができるのか、料金の相場はどれくらいなのかなどを解説していきます!

おっぱいパブ・セクキャバはこんなところ

まずはおっぱいパブやセクキャバがざっくりとどんなところなのかを説明したいと思います。

お触りができるキャバクラ

おっぱいパブ・セクキャバは一言で言うと「お触りができるキャバクラ」です。

 

キャバクラは、基本お触りは不可ですが、おっぱいパブ・セクキャバは嬢に触ることができます。なのでキャバクラよりは過激な遊び方をすることができます。

 

ただしヌきはないので注意しましょう。店内でペニスを露出することも禁止されています。

 

ヘルスはヌきがあるので、おっぱいパブ・セクキャバを「キャバクラ以上ヘルス以下の風俗」というように表現する人もいます。

 

アルコールは飲み放題なので、ヌきはないものの、お酒を飲みながらエッチなことを楽しみたい、という方にはおっぱいパブ・セクキャバは非常にオススメです。

 

名前がおっぱいパブなので、おっぱいのみを触ることができて、それ以外の場所に触るのはNGとしているお店も多くあるので、それぞれのお店の注意はしっかり聞いておくようにしましょう。

 

似た業種も多い

おっぱいパブ・セクキャバに似た名前の業種も結構多く、混乱するかもしれません。それぞれの業種ではプレイ内容にどのような違いがあるのでしょうか。表にまとめました。

 

業態 プレイ内容
いちゃキャバ 服の上からのみお触り可能。ヌきなし。
ランパブ ランジェリーパブ。女性がランジェリー姿で登場するが、お触りやヌきはなし。
ピンサロ ヌきあり。店内の雰囲気はおっパブと似ていて、フェラ・手コキがメイン。
ヘルス

ヌきメイン。女性とキスしたり素股などのプレイができる

 

なんとなく聞いたことがある名前もあったのではないでしょうか。このように、それぞれの業態で細かくプレイ内容が制限されています。

 

こうして細かく分かれているので、自分が何を楽しみたいかを一度考えて、どのお店を選べばいいのかを決めると失敗は防げます。

おっぱいパブ・セクキャバの遊び方

おっぱいパブ・セクキャバではどんなプレイを楽しめるかなんとなく想像がついたと思います。ここからはもう少し具体的に、おっぱいパブ・セクキャバではどのように遊べるのかを解説していきます。

予約するのもアリ

おっぱいパブ・セクキャバでは女性を指名することができるので、あらかじめホームページを見て女性を指名して、その時間にお店に足を運んでも構いません。

 

ただおっぱいパブ・セクキャバに在籍している女性のほとんどが顔出ししていないので、フラっと立ち寄ったり有名なおっぱいパブ・セクキャバの目星を付けておいてフリーで入ったりすることが多いです。

 

お店に入ると料金を支払い、フロアへ通してもらえます。この時に飲み物を頼んでおき、持ってきてもらいましょう。飲み物は多くの店で飲み放題なので、好きなだけ頼みましょう。

お酒を飲みながらおっぱいを揉む

おっぱいパブ・セクキャバの基本的な遊び方は、お酒を飲みながらおっぱいを揉むというプレイです。おっぱいパブ・セクキャバは飲み放題を採用しているお店がほとんどなので、一人でお酒を飲むのもつまらない、という方にはピッタリです。

 

おっぱいパブ・セクキャバは居酒屋の半個室をイメージすると近いです。薄い壁を挟んで個室が並んでいて、通路と個室はカーテンで仕切られているというイメージです。

 

個室で少し待っていると、女性が隣に座りプレイ開始となります。

 

ハッスルタイムがあるお店も

おっぱいパブ・セクキャバには2つのパターンがあります。1つは好きなタイミングで女性のおっぱいを揉むことができるパターン、もう一つが、ハッスルタイムといって、店内が暗くなり、その間に女性がまたがってきておっぱいを揉むことができるというパターンです。

 

ハッスルタイムは他にも、ダウンタイムサービスタイムと呼ばれることもあります。

 

ハッスルタイムは店内が暗くなり、音楽もガンガンなって盛り上がるので、クラブのような雰囲気が好きという方にはかなりオススメです。

 

お酒はあまり飲まず、最初から最後までとにかくおっぱいを揉みしだきたい、という方にはハッスルタイムのない、自由におっぱいを揉めるパターンのお店がオススメです。

40分で2〜3回転

おっぱいパブ・セクキャバは女性を指名しないフリーで入ることがかなり多いと思います。おっぱいパブ・セクキャバは大体1セット40分となっているお店が多いです。

 

フリーで入った場合、10〜15分くらいすると次の女性と入れ替わりになります。なので1セットで2〜3人の女性と遊ぶことができます。

 

もし今来ている女性が気に入ったなら、場内指名といって、別途料金を支払うことでその女性と最後まで遊ぶことができます。

 

ホームページを見たり、一度店に行って本当に気に入った子がいたら本指名で入ると最初から最後まで一緒に遊べるので、その場合は予約をした方が良いです。

 

初めてお店に足を運んだり、特に気に入っている子がいない場合は、フリーで入って気に入った女の子がいたら場内指名する、という遊び方だと費用も抑えることができてオススメです。

ルールはボーイさんに確認

おっぱいパブ・セクキャバで注意したいのがルールです。ルールを破ると出禁をくらったり、最悪の場合賠償金を支払わないといけないというケースもあります。

 

ルールは女の子に聞けばいいや、と思うかもしれませんが、働き始めて日が浅く、あまりお店のルールに詳しくない女性も中にはいます。そのため、プレイの前にルールはボーイさんに確認しておくようにしましょう。

 

おっぱいパブ・セクキャバは多くのお店で、おっぱい以外の部位に触るのは禁止されていたり、こちらが服を脱いだりするのを禁止しているところが多いです。お店のルールは守った上で楽しく遊びましょう。

おっぱいパブ・セクキャバの相場

おっぱいパブ・セクキャバはお酒を飲みながらおっぱいを揉むことができる、おっぱい好きにとっては夢のような世界です。おっぱいパブ・セクキャバの相場は一体いくらくらいなのでしょうか。

 

おっぱいパブ・セクキャバは少し高そうなイメージがあるかもしれませんが、相場としては40分6000〜8000円くらいです。

 

早い時間からお店に行くと、1000円や2000円割引が適応されるというお店もあるので、安いと40分4000円というお店もあります。

 

この他にかかる料金としては、入会金や指名料があります。お店によってはカンパリやカルーアなどのリキュールも用意されていて、特殊な飲み物については別途料金が必要という場合もあります。

 

そうした料金を含めても、10000円もあればおっぱいパブ・セクキャバで十分楽しむことができます。

おっぱいパブ・セクキャバで楽しい夜を

この記事では、おっぱいパブ・セクキャバのプレイ内容や楽しみ方、相場について紹介してきました。

 

おっぱいパブ・セクキャバと似た名前の業態もありますが、それぞれに細かいルールがあり、プレイ内容も異なってきます。

 

自分がどのような楽しみ方をしたいのかを考えて遊ぶ風俗を決めると失敗は少なくなります。

 

おっぱいパブ・セクキャバはお酒を楽しみながらおっぱいを揉みたいという方に非常にオススメです。気になった方はぜひ足を運んでみてください。


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのLINE@に登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO LINE@&東京ナイトライフメルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。