接待でキャバクラを使う際の注意点とは?

キャバクラを制する者は接待を制する。

夜遊びも仕事に変える、デキる男になりたいものだ。

若い頃は上司に”連れて行かれるだけ”だったキャバクラ…

そろそろ自分が接待で使う事も多くなってきたハズ。

皆さんは ”大人”として夜のお店を有効に使えてますか?

クライアントのシラけた笑いと帰りたいオーラを見逃さずに楽しませてるだろうか?

今日はキャバクラ接待で気をつけたい注意点&女の子が惚れ直す振る舞いをレクチャーしよう。

キャバ嬢を過信してはいけない

まず始めに「キャバ嬢=接待のプロ」という概念は幻想なのだ。

お気づきの方もいるとは思うが、キャバクラ接待は失敗するリスクがめちゃくちゃ高いのだ。

接待でキャバクラに連れていかれた男性ならわかると思うが、なぜかお金を出すのはこっちなのに女の子に気を使わなければならないという苦行がある。

キャバ嬢はプロだし勝手に話盛り上げてくれるなんて考えは大間違いだ。

接待されている手前取引先もつまらなそうにもできないだけで、心の声は早く帰りたいと心で呟き、笑顔で逆接待かもしれない。

可愛くて話上手で気配り上手、おまけにちょっとエッチな雰囲気プンプンで擦り寄ってくる女神嬢が奇跡的に先方の隣に着いてくれたら話は別だが…。

大体のキャバ嬢は絶世の美女ではないし話も適当、気を使うのは灰皿交換とグラスの水滴ジャカジャカ拭くくらいなもんで、これがキャバ嬢の「普通」なのだ。

キャバ嬢にとって初見で来た接待なんて知ったことない、当然そんな空間に放り込まれた先方は「どうしてタイプでもない女に気使って飲まにゃならんのだ!」と思ってしまう訳だ。

こんな最悪の事態を防ぐ為に、キャバクラ接待でやりがちなNG行動を抑えておきたい。ついでに女の子の心をグッと掴む振る舞いもお伝えしよう。

オトナの男のキャバクラ接待での注意点とは?

注意点①

まず1番目は接待なのに女の子とマンツーでお喋りしちゃうことだ。

接待のはずなのにお気に入りの女の子に鼻の下伸ばしてデレデレイチャイチャしてるオジサンをよく見る。

先方の気まずそうな顔に目もくれずワンマンプレイを思う存分楽しむ自分勝手な行動は絶対にNGだ。

接待なのに女の子に任せちゃえばいいやという考えは最も取引先にも女の子にも幻滅ると思っていい。

基本は会話の架け橋は「自分」でしなければ盛り上がらないのだ。

お気に入りの女の子やタイプの女の子が横にいたら構いたくもなるが、そこは大人の男性。

ガマンしてみんなで楽しめる話題にシフトできたら印象は良い。

女の子に頼るだけじゃなく、女の子と接待する先方の方との架け橋になってあげることを心掛けるようにしよう。

注意点②

2番目は女の子にムチャ振りは良くない。

「今日は接待だから、この人盛り上げて」これはホントに多い気がする。

初めての店に行ったパターンでもありがちだが、席に着くなり「盛り上げて」。

女の子は現況把握もまだなのに、無理に 決まってるのだ。

この盛り上げてという言葉は女の子もプレッシャーになって空回る事が多々ある。

しかも先方も女の子も無理に盛り上げようとしてて、なんだかしんどい感じになるはずだ。

変にプレッシャーをかけずに流れに身を任せる、自然が一番なのだ。

変にプレッシャーかけるより流れに任せてみたほうがキャバクラではいい。

ちなみに

「接待だから盛り上げて」

よりも

「今日は楽しい会にしたいからよろしくね。ちなみにこちら○○さん…」

と挨拶交えて紹介するぐらいの方が女の子も真摯に取り組む気持ちになるような気がする。

命令よりも上手に事を促せる男の方が女の子うけもいい。

注意点③

3番目は「もっとイイ子つけてよ」これだ。

先方に付く女の子が毎回しっくりこないパターンに陥り、盛り上がってないから、しびれを切らせてボーイについつい言っちゃう人が多い。

でも、それは女の子のせいとも限らないのだ。

確かにタイプじゃない子ばかり席に着くと仕方ない事もあるが、色々注文つける前に卓の雰囲気を確認してほしい。

先方に楽しんでもらおうっていう気持ちが専攻しすぎて逆に雰囲気悪くしてるパターンもかなり多いのだ。

女の子に頼る前にまずは余裕を持った場作りが必要だ。

余裕のない振る舞いは

「小さい、自身のない、未熟な男」

と判断されて損になる。

まずは皆で会話を。

ちょっと慣れてきたら自分に着いている女の子に

「彼に合いそうな子、いたりする?」

と聞いてみるのがスマートなやり方だ。

無理に盛り上げなくても、落ち着いた卓の雰囲気が心地良い時だってかなりある事を 忘れないで欲しい。

キャバクラ接待では

「気を使ったつもりなのに裏目に出ているパターン」

がすごく多いのだ。

気を使いすぎてガッチガチの接待になっているな…

と自覚があるなら今すぐ改善をしたほうがいい。

「まず自分が楽しむこと、そして女の子と楽しい雰囲気を作る事」

で初めて先方もリラックスできるはずだ。

余裕をもった振る舞い、会話な端々に気遣いを添えて、仕事も女の子のハートもガッチリ掴んでほしい。

これが夜遊び上手への一歩だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。