女性と夏祭りに行く際の注意すべき事とは?【コラムvol,30】

夏と言えば夏祭り。

あなたも、カップルが夏祭りで
いちゃいちゃしているのを見ると、

つい行きたくなっちゃいますよね。

女性自身も夏祭りに

行きたいシングルが多いので、 あ

なたの関係次第では 誘うことは可能です。

女性と夏祭りに行く際の注意点とは?

ただ、楽しむレベルで言うなら、

例えば、
複数、 男3人女3人ぐらいで行くほうが 絶対に良いんです。

っというのも、

夏祭りデートそのものは、

すごく難易度が高いんです。

市内まで一緒に電車に行くにしても混むし、

意外と出店せを回るだけという

シンプルな構成なので、

基本的に待ち時間が

多くなったりして

あなたのトーク術が カギになります。

トークが出来れば 楽しいデートになりますし、

現場もごちゃごちゃしていると

休まる気もせず、

カフェなどに入ろうとしても、

また混んでいるため、

普段よりもエスコート力や

デートの提案力が 必要になってきます。

極めつけは

そもそも、外は暑いので、

女性に対する

ケアも難しいのです。

結果、デートの印象が

「疲れた」

というのが先行してしまっては、

あなたの評価に

結びついてきません。

なので、 あまり皆が行くような

夏祭りイベントというのを

二人きりで行くというのは、

片思いの男性が女性への

評価を上げずらいので

オススメしません。

逆に、女性への腕の見せ所

でもありますので、

デートに自身のある男性は

やってみると、効果的です。

夏祭りではなくこういった戦法もあるよ!

例えば、

夏っぽいデートということなら、

出来ることは 多くなってきます。

これは、混まない日にも

出来るんですね。

例えば、

浴衣でデートして、

ビアガーデンに行く。

二人の決めた日に、

二人が浴衣を来てくるので、

混まない日を選択出来ます。

何より二人だけが

浴衣を来てくる日というのが、

二人だけの

特別な雰囲気を作ってくれるので、

場合によっては夏祭りよりも

効果が出るんです。

その他にも、

アイスなどの冷たいものを

食べ位に行くだとか、

海に行くだとか、

市販の花火を一緒にやるだとか、

そんな小さな「夏」を女性に

用意してあげればいいんです。

デートとは、大それたモノを

用意してあげることではなく、

あなたと女性が

二人の時間を心地よく

積み上げていくことって

ことなんです。

デート自体を女性が

一緒に行ってくれるという事実は、

むしろ、

二人で同じリズムで楽しいとか、

面白いだとか、

感動したとか、

そういった時間を深く、

長く共有したいんです。

そして、共有した時にこそ、

ふたりのデートは、

良いモノになっていきます。

ということで、夏の恋、

がっつり楽しんで下さい。


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのLINE@に登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO LINE@&東京ナイトライフメルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。