不倫旅行や浮気がバレない10の対策と言い訳を紹介!

愛人がいると一度は不倫旅行に行ってみたいと思っている方も多いかもしれません。しかし不倫旅行はバレた時のリスクが大きいのでなかなか行けていないという方も多いのではないでしょうか。

 

不倫旅行は外出して家に戻ってこないので、外にいる間どこで誰と何をしているかを妻は知らず、妻を不安にさせてしまいます。

 

逆にその不安を取り除くことができれば、不倫旅行に行っても妻を不安にさせることがなく、詮索もされません。

 

この記事では、不倫旅行に行く時に使える、妻を安心させるための言い訳や、詮索されたとしても不倫旅行がバレないためにどのような対策を取ればいいのかを紹介していきます。

不倫旅行で使える言い訳集

不倫旅行がバレない一番の対策は、妻を不安にさせないことです。もしかしたら不倫旅行に行っているかもしれない、と思われてしまうと普段の行動やスマホの履歴などをチェックされてしまいます。

 

そうならないように浮気をしていたり、不倫旅行に行くと悟られないようにすることが大切です。

 

不倫旅行を悟られないような言い訳にはどのようなものがあるのでしょうか。

仕事の出張

不倫旅行の言い訳の定番なのが、仕事の出張です。営業職など職業柄各地に飛び回らなければならない職業ならこの言い訳が使いやすいです。

 

この言い訳は普段出張がないような仕事に就いている方だと使いづらいということと、不倫旅行の鉄板の言い訳なので詮索される可能性があるというのがデメリットです。

 

しかし本当に仕事の出張がある時には後ろめたさを感じずに使うことができるので、仕事の出張が本当に入った時にはこの言い訳を使い、出張先で愛人と会うとアリバイもできるので不倫旅行がバレにくいです。

友達と旅行に行く

友達と旅行に行くというのも、不倫旅行の言い訳の鉄板かもしれません。こちらも詮索される可能性はありますが、口裏を合わせてくれる友達がいるとうまく話を合わせてもらえるので、不倫旅行がバレにくい言い訳です。

 

この言い訳を使う時は友達の名前も出して、どこにいくかも行っておく方が信頼度が高まります。もし妻がその友達と繋がっていれば旅行のことを聞く可能性があるので、友達に口裏を合わせてもらうよう頼んでおきましょう。

実家に顔を見せに行く

実家に顔を見せに行くという言い訳も不倫旅行の言い訳として使いやすいです。妻と母親とが連絡を取り合っているという家庭が多いので、この言い訳を使う時は実際に実家に顔を出すようにしましょう。

 

家族と軽く食事をして、家族には地元の友達と飲みに行くと言っておき、地元の近くで愛人と落ち合うことで、不倫旅行がバレるリスクを抑えることができます。

 

もしよく家族で実家に顔を出していれば、この言い訳を使った時に妻が一緒に行くという可能性もあるので、そうしたことが考えられる場合は他の言い訳を使った方がいいかもしれません。

好きなアーティストのライブ

たまには自分の趣味に没頭したい、一人で気分転換をしたいという理由をつけて不倫旅行に行くという言い訳もアリです。

 

例えば好きなアーティストがいて、そのアーティストがライブをやるから泊まりで見てくる、というような言い訳ができます。

 

こうした言い訳をする際にも、アリバイを作るために愛人と一緒にそのライブを見て、帰ってから妻に感想を伝えてあげると疑われることはありません。

 

唐突に名前も聞いたことがないようなアーティストのライブに行きたいと言うと怪しまれるので、ずっと話していてお互いが知っているアーティストの方が信憑性は増します。

セミナーに参加する

セミナーに参加したいから一泊して行ってくる、という言い訳も不倫旅行で使えます。

 

ただし参加するセミナーは自分の仕事や自分の趣味に関係するものにしておきましょう。唐突に何の関係もないセミナーに行くというと怪しまれてしまいます。

 

セミナーに行くという言い訳をする際も、アリバイを作るためにしっかりセミナーには参加しておいた方がよいです。セミナーでもらった資料などを見せると本当にセミナーに行ったのだと妻も納得してくれます。

 

 

このように不倫旅行に行くための言い訳は定番のものから少し意外なものまでいくつか考えられます。自分に合った言い訳はどれかを見極めて使ってみてください。

不倫旅行がバレない対策法8選

不倫旅行の言い訳は見つかっても、疑り深い妻なら本当に言った通りのことをするのかしっかりと見極めます。

 

疑っている様子は見せなくても、裏ではこっそりと盗聴器などをつけて動いていたりするという女性もいます。

 

不倫旅行はひょんなところからバレてしまうことが多く、うっかりとしたミスで見つかってしまったら悔やんでも悔やみきれません。

 

ここからは、不倫旅行が妻にバレないためにはどんなところに気を付ければいいのか、どんな対策を取ると不倫旅行がバレにくいかを紹介していきます。

アリバイをうまく作る

不倫旅行をする際には、アリバイをしっかり作っておくようにしましょう。アリバイがあると万が一不倫旅行の証拠になりそうなものがバレたとしても、アリバイがあれば不倫旅行はしていない、ということを証明できます。

 

例えば出張の時に愛人と会ったり、実家に帰った時に愛人と会うといったことが挙げられます。言い訳は思い浮かんだけど明らかな嘘だった場合、その嘘がバレてしまったら不倫旅行もバレてしまったようなものです。

 

しかし出張で帰らないといって出張ついでに愛人と会っていたら、出張には出かけているので嘘ではないですし、話を深くつっこまれたとしても切り抜けることができます。

 

不倫旅行をする際には必ずアリバイを作ることを意識しておきましょう。

日焼けしない場所を選ぶ

不倫旅行がバレる原因として、リゾート地に不倫旅行に言ったということが挙げられます。

 

リゾート地では眩しい太陽の下で水着になり日光浴や海水浴を楽しむことになると思います。

 

しかしそうした状況では日焼けをしてしまい、家に帰った時に妻に不倫旅行がバレてしまいます。

 

もし友達と一緒に海に行くという言い訳をしていたなら日焼けをしてもあまり問題ありませんが、出張に行くという言い訳をしていて日焼けをして帰ってきたら明らかに不自然です。

 

できることなら日焼けをしない場所を選び、もしリゾート地に行くとしたら日焼け止めはしっかり塗っておきましょう。

公共交通機関を使う

車を使うと電車が通っていない、人里離れたところも気軽に行くことができますが、不倫旅行では車は使わずに公共交通機関を利用するようにしましょう。

 

今の車にはほとんどカーナビがついています。カーナビには履歴が残るので、もし妻にカーナビの履歴を見られてしまったら不倫旅行で行った場所が完全にバレてしまい、言い訳できなくなってしまいます。

 

また車の中には匂いが残りやすいです。愛人が香水をつけていたり少し匂いの強い化粧品や整髪料をつけていると、その匂いが車の中に残ってしまい、バレるリスクが高まります。そうならないように車は利用しないようにしましょう。

 

もし車でないと行けないところに行くなら、レンタカーを利用するとよいです。

クレジットカードは絶対NG

最近は現金離れが進んできて、支払いは全てカードやスマホで決済しているという方が多いかもしれません。しかし不倫旅行では現金で支払うようにしましょう。

 

クレジットカードやスマホでの決済では履歴が残るというのが一番のデメリットです。時間や金額、買ったものまで記録されてしまうので、その履歴を見られてしまうと不倫旅行が一発でバレてしまいます。

 

クレジットカードの利用明細はアプリでも見ることができますが、思わぬ時に郵送で送り届けられることもあります。いつ明細が届くか分からないので、処分するのも大変です。

 

一方現金だとその場でお金を渡して終わりですし、どこで何にどれだけの金額を使ったか、という情報も残りません。そのため不倫旅行を隠すのにぴったりなのです。

 

不倫旅行では必ず支払いは現金で行うようにしましょう。

写真も絶対NG

愛人との不倫旅行の思い出を写真にして残しておきたい気持ちはわかりますが、不倫旅行中の写真は撮影しない方がよいです。

 

写真には自分でも意図しないものが写っていることがあります。鉄板なのは、風景を撮影したつもりでも、鏡やガラスに愛人が写っていたというパターンです。

 

瞳も鏡のような役割をするので、瞳の部分を拡大するとその人の正面にいる人の像が写っていることがあります。

 

高度な技術を駆使すると、瞳に写っているのは誰なのかということも特定できてしまい、不倫旅行がバレてしまうので、写真撮影は控えた方がバレるリスクを抑えることができます。

 

一方、ライブやセミナーに行くといった言い訳を使った時には、ライブの様子やセミナーの風景を撮影しておくと、妻の不信感を払拭する材料として使えるので、そうしたものは撮影した方がよいです。ただし愛人の姿が写らないよう細心の注意を払いましょう。

スマホの検索履歴は消去

スマホの検索履歴は必ず消去しておきましょう。旅行に行くとその土地の有名なものなどを調べたり、旅館の情報を見たりすると思います。

 

11つは断片的な情報でも、それをつなぎ合わせていくと不倫旅行がバレてしまうことに繋がる可能性があります。

 

全ての履歴を消去するとそれはそれで怪しまれる可能性もあるので、仕事などで検索した項目は残しておき、旅行関連のものだけ消去しておくとスマホの履歴を見られても不倫旅行がバレる心配はありません。

マスクとサングラスは必須

不倫旅行で最も怖いのが、妻や知り合いにばったりと会ってしまうことです。どこで誰と遭遇するかは予測がつかないので、もし合った時に自分だと気づかれないように準備しておくことが大切です。

 

定番かもしれませんが、外を歩く時はマスクとサングラスは必ず付けるようにしましょう。この2つがあるだけで顔をしっかり隠すことができ、かつ外から見てもそれほど怪しい人にも見えません。

 

ウィッグまで買う必要はありませんが、髪型をいつもと変えてみるというのも効果的です。髪型でその人の印象が大きく決まってくるので、髪型を変えると雰囲気が変わり、バレにくくなります。

普段の態度は変えないように

不倫旅行に行くとなると、少し浮ついた気分になったり、いつもより少しだけテンションが上がったりするかもしれませんが、妻の前でそのような態度を見せると不審に思われます。

 

特に旅行前や旅行から帰ってきた時は浮かれた気分になっていると思いますが、気を引き締めて平常心を保ち、いつもと同じ態度で妻に接するように心がけましょう。

不倫旅行の対策をして思い切り楽しもう!

この記事では不倫旅行で使える言い訳や、浮気や不倫旅行がバレないように意識しておきたい対策法を紹介してきました。

 

不倫旅行がバレないようにするには、妻に詮索されないようにするのが最も手っ取り早くて効果的です。うまい言い訳を考えると詮索されなくて済みます。

 

もし詮索されたとしても、今回紹介してきたような対策を行っていると、不倫旅行がバレるリスクはかなり低いです。

 

バレるかもと思いながらだとせっかくの不倫旅行も楽しめません、しっかり対策をして心おきなく不倫旅行を楽しみましょう。

美女やモデル・芸能人・セクシー女優と遊びたいなら「ヴェルグ」

「街で見かけた美女とセックスしたい」

「今テレビに出演している女優とセックスしたい」

男なら誰しもがこのような欲望を持っていると思います。

私が運営する高級デリヘル「ヴェルグ」はハイクラスな美女ばかりが集まっているので、美女とHな遊びができますし、モデルやセクシー女優も在籍しているので、「テレビや雑誌に出ているあの子とHな遊びがしたい」という夢がかなえられます。

今すぐにでも美女とHな遊びがしたい、美女との甘美な時間をじっくり楽しみたい、有名なあの子とHな遊びがしたいなら、高級デリヘル「ヴェルグ」は必見です。

「ヴェルグ」はただ美女と遊べるだけでなく、会員様限定のスペシャルサービスも実施しています。

 「ヴェルグ」に在籍している美女や芸能人、他の高級デリヘルでは決して真似することができない会員様限定サービスについて詳しく知りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。