誰もが羨むステータスを感じられる高級車ブランド10選

高所得者は皆高級車に乗っているというイメージがあるかもしれません。

 

それは、高所得者だからこそ高級車を所有するメリットがあるからです。

 

高級車にはたくさんのブランドがありますが、この記事では高所得者が高級車を所有するメリットや、高級車のブランドについて紹介していきます。

高所得者だからこそ高級車を購入する理由

高級車は富裕層が乗っているものというイメージが強いですが、富裕層だからこそ高級車を選んでいる理由があるのです。

 

高所得者なら高級車を選ばないと損する理由としては、次の3つが挙げられます。

 

 

高級車はステータスである

高級車は資産である

高級車は節税対策にも使える

高級車は自身のステータスを表すアイテム

何と言っても、高級車は自分のステータスを表すものなので、富裕層は車にお金をかけて、自分が資産を持っているということをアピールしています。

 

ステータスを示すことができれば、周りからも成功した人なのだという目を向けてもらえるので、社会での扱われ方が変わってきます。

 

また女性を車に乗せる際にも、女性に「この人はステータスがあり、お金を持っている人なんだ」と思わせることができます。

 

そのため、高所得者だからこそ高級車を所有しておいた方が良いです。

高級車は資産

高級車は資産としての側面もあります。車は一生乗り続けるわけではなく、ある程度走ったら買い換えることになると思います。

 

買い換えるタイミングとしては5年後とも言われていますが、そのタイミングで今まで乗っていた車を売却することになります。

 

そのため、売却価格の高い車を購入すると、資産としての価値を大きく減らさずに、高級車に乗ることができるのです。

 

車を買う時は購入価格ばかりに目が行きますが、売却価格も考えると少し違った視点で車を選ぶことができます。

 

一般的に、外国製の車よりも、国産の車の方が、値崩れが起きにくく、売却価格が高いと言われています。

節税対策にも使える

高級車は節税対策にも使うことができます。会社を経営していたり、個人事業主なら、取引先への移動のために高級車を購入することができます。

 

社用車で高級車というと、少し贅沢しすぎているような気持ちになるかもしれませんが、高級車に乗って行った方が、交渉が有利に働くことがあるという理由から、社用車で高級車を購入し、経費として引き落とすことが認められる場合があるのです。

 

もしあなたが会社の経営者だったり個人事業主なら、高級車を購入しない手はありません。

検討したい高級車ブランド10選

高所得者だからこそ高級車を購入するメリットはいくつかあります。

 

しかし高級車といっても様々なブランドがあり、どれを選ぶと良いのでしょうか。ここからは、高級車のブランドについて紹介していきます。

外国製の高級車ブランド

高級車のブランドは、国内で製造されているものと、外国製のものとに分かれています。

 

まずは一度は名前を聞いたことがあるであろう、外国製の高級車ブランドと、車の特徴を紹介します。

ロールス・ロイス

ロールス・ロイスは創立から100年以上という長い歴史を有するブランドで、高級車の代名詞としての地位を築き上げています。

 

ロールス・ロイスは、高いものだと5000万円以上もの値段がするモデルもあり、ステータスを示すために所有しておきたい車種の一つです。

 

ロールスロイスの特徴の1つは、エンジン音がとても静かだという点です。

 

ロース・ロイスにはシャドー、クラウド、ゴーストなどのいくつかのモデルがありますが、これらのモデルの名前は、いずれも「幽霊のように静香で存在を感じさせずに、高い耐久性を持つ車」という意味が込められています。

 

ロールス・ロイスはエンジン音の静かさに徹底的にこだわり、乗り心地を追求した車と言えます。

 

もう一つの特徴が、車のパーツです。最も印象的なのが、ボンネットにあるシンボルマークの女神です。このマスコットは純金で作られているモデルもあり、ロールスロイスのパーツの中でも最も高価な部分です。また、内部は牛9頭分の皮があしらわれています。

 

このように、ロールス・ロイスは車の性能にも、パーツや内装にも徹底的に拘った高級車で、成功者の証とも言えます。

BMW

BMWはスポーツカーという印象が強いかもしれませんが、その印象通り「走り」を徹底的に追求した車作りをしています。

 

BMWが特に拘っているのが、エンジンです。エンジンの駆動時にはとても振動が少ないのが特徴で、「シルキーシックス」と呼ばれています。時代と共にエンジンの開発技術が進み、とても静かに発車させることができるようになってきています。

 

デザインも洗練されていて、BMWは「Cピラー」というデザインを採用しています。これは、後部座席のテールランプよりの柱が逆方向に弧を描くようなデザインのことを言います。

 

このデザインは現在は全てのモデルに採用されてい、力強く前に進むということを印象づけるデザインになっています。

 

車を運転するのが好きで、高級車を手にしながらも徹底的に走りにこだわりたい、スポーティーな印象を与えられる高級車を手にしたい、という方におすすめです。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツも言わずと知れた高級車です。ベンツは、A、B、C、E、G、Sの6つのクラスに分類されていて、G、Sクラスがベンツの中でも最高級のクラスになります。

 

ベンツのAクラスは400〜500万円ほどで購入することができるので、高級車の中でも手に入れやすく、若者からも支持されています。

 

Sクラスになると1000万円以上の値段がしますので、成功者しか手にすることができない価格帯になってきます。

 

そのため、ベンツを購入してステータスを示したいのであれば、Sクラスを購入することをおすすめします。

 

ベンツは、他の車種と比べて標準装備が圧倒的に多く、豪華であることが特徴です。快適性にも繋がる安定性能や安全性、快適な運転を支える便利な機能など、多数の機能が搭載されています。

フェラーリ

フェラーリも、高級車として知名度が非常に高いブランドで、日本国内でも入手しやすいです。

 

ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社が2017年に発表した、「世界で最も有力なブランドランキング」によると、フェラーリはレゴ、グーグル、ナイキについで4位にランクインしていました。

 

6位にはディズニーがランクインしていたので、ディズニーよりも知名度の高い車と言えます。

 

フェラーリは、芸能人では石田純一さんや北野武さん、サッカーの本田圭佑選手が所有していることでも有名ですね。

 

フェラーリの特徴は、スタイリッシュで高級感を感じられる革張りのシートです。内装の写真を見ただけでも高級感を感じることができますね。

 

圧倒的なブランド力を誇るフェラーリですが、乗用車だけでなく、F1で使用するスポーツカーの製造も手掛けています。

ランボルギーニ

ランボルギーニは高級車として知名度がかなり高いですが、2019年に放送されたテレビでも話題になりました。

 

ランボルギーニをかけてゲームに挑むという番組でしたが、優勝してもランボルギーニをもらうことができなかったという事件でした。

 

ランボルギーニは、昔からフェラーリとともにスーパーカーの2大巨塔と言われてきました。

 

ランボルギーニの特徴は、天を仰ぐような低い車体と、ガンディーニ・ラインと呼ばれる、後方に向かって上昇していくシンプルなラインと、ドアが真上に持ち上がって開くガルウィングドアです。

 

こうした独創的なデザインがランボルギーニの特徴です。高級車の中でもさらにかっこよく見せたい、存在感をアピールしたい、誰もがあっと驚くような車に乗りたい、と考えているあなたの欲求に答えてくれます。

 

ランボルギーニをデザインしたデザイナーによると、楽しみながら車を作ることをモットーとしている、と語っていました。こうした斬新なデザインによって、誰が見ても一目でランボルギーニだということがわかり、知名度も高まりました。

 

ランボルギーニには、乗る人をワクワクさせるような斬新なデザインが詰め込まれているのです。

 

アウディ

アウディはベンツ、BMWと並んで御三家と呼ばれている高級車メーカーです。

 

アウディは、かつては直線基調のデザインが多かったですが、最近は曲線を多様したデザインが多くなっています。

 

丸みを帯びた柔和なデザインが若者や女性にも人気で、少し堅いイメージのあるベンツやBMWとは違い、都会的なデザインになっています。

 

アウディは走行時の安定性が高く、燃費も優れています。また、運転を補助する機能も豊富に搭載されています。

 

ただし、ステータスを意識するのであれば、御三家と言われるベンツ、BMWと比べると、少しステータスの象徴としては劣るかもしれません。

ボルボ

高級車の多くがドイツのブランドですが、ボルボはスウェーデンに本社を置くブランドで、高い安全性能に定評のあるメーカーです。

 

ボルボは、3点式シートベルトを開発した、世界初のメーカーです。衝突回避システムやバックを支援するCTAという機能、死角になる部分をアクティブにサポートしてくれるBLISというシステムなどが搭載されれていて、事故を未然に防いでくれる設計になっています。

 

万が一衝突しても、座席部分が潰れないような頑丈な作りをしています。1980年代には、その頑丈さをアピールするために、崖からボルボを落とすというCMが放送されていました。実際に動画を確認しても、崖から落とされたボルボは、座席部分は潰れていませんでした。

 

さらにシートにも工夫がされていて、衝撃を吸収する素材で作られているので、事故を起こしても脊髄損傷のリスクを低減してくれます。

 

このように、ボルボは安全性能に徹底的にこだわって作られています。

 

高級感と同時に、万が一のことを考えて安全な設計を求めるなら、ボルボを選ぶと間違いありません。

国産の高級車ブランド

ここまでは外国製の高級車ブランドについて紹介してきました。

 

高級車というと外国産のイメージが強いかもしれませんが、実は国内にも高級車ブランドは存在しています。

 

次に国内の高級車ブランドについて紹介してきます。

トヨタ レクサス

レクサスは、トヨタから発売されている高級車です。レクサスの特徴は、高級セダンからコンパクトSUVまで9車種が展開されているという点です。

 

レクサスは国産の車で故障が少ないと言われています。またアフターサービスも充実しています。レクサスを購入すると、レクサスオーナーズカードというものが配布され、レクサスオーナーズサイトを利用することができ丁寧な対応を受けることができます。

 

さらに専属の営業マンがついてくれるので、やりとりもスムーズです。こうした徹底的なアフターサービスは、高級車を購入したからこそ受けることができ、特別感を感じることができます。

 

さらに売却する際に高値で買い取ってもらうこともできます。外国製の高級車であれば値崩れしてしまいますが、売却時にあまり値崩れしないのが、国産の高級車の特徴です。

 

外国製の高級車には少し抵抗があるが、高級車は手にしたい、ステータスを示せる車を手にしたい、という方に検討していただきたい車です。

トヨタ クラウン

(引用: 長野トヨタ)

 

トヨタも国産の高級車として位置付けられている車種です。

 

クラウンの特徴の一つとして、ボディサイズが挙げられます。車は大きいほど存在感を示すことができますが、燃費や乗り心地、運転のしやすさなども考えると闇雲に大きい方がいいというわけではありません。

 

クラウンは、コンパクトなサイズで車幅も細身で、スタイリッシュな見た目が特徴です。コンパクトなサイズだからこそ路上でも運転しやすく、都会を颯爽と走り抜けるのに適した車と言えます。

 

最上級モデルのものだと700万円ほどの値段がしますが、外国製の車と比べると手を出しやすい価格とも見ることができます。

トヨタ センチュリー

(引用:  MOTA)

 

トヨタ センチュリーは、公用車や社用車として使われることを想定した車です。そのため、運転している人ではなく、後部座席に座っている人が主役になります。

 

自分でドライブするには向かない車ですが、大切な人を乗せたり、女性をエスコートしたりするにはぴったりです。

 

しかし、エスコートする予定がなかったり、乗っている自分が主役に見られたいという方にはあまり向かないかもしれません。

 

内部は機械ではなく手作業で工芸品のようにしっかりと作られていて、とても快適な乗り心地を味わうことができます。

 

大切な人のために車を買うなら、トヨタのセンチュリーはおもてなしの心がふんだんに伝わるのではないでしょうか。

富裕層だからこそ高級車にこだわる

この記事では、高所得者が高級車を所有するメリットや、たくさんあるブランドの中でおすすめな高級車ブランドを紹介してきました。

 

車はその人のステータスを示すものの1つです。ステータスを示すためには、高級車を所有しておくと、世間からの見られ方が変わります。

 

高所得者におすすめな高級車ブランドを紹介してきましたので、お気に入りの車種があれば購入を検討してみてください。

セフレを無限にゲットする方法 無料でプレゼント!


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのメルマガに登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO メルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。