女性を自分の虜にするには…経済力でもなく…容姿でもなく……?

女性を虜にするには……「依存させること」?

女性を自分の虜にしたいそう思ったことはありますか?俗に「依存」という場合があったりしますが、「依存」というと一般的なイメージではメンヘラな女性だとか、基本的には、あまり良い印象はありません。

しかし、想像してみてください。あなたに依存する女性。あなたから離れたくない、あなた自身に依存し、思い通りに行動する女性。あなたに依存し、あなたに依存される事を望み、あなたとの性行為はもちろん、あなたと居る事で幸せを感じる女性。

このような、あなたに依存する女性を、あなたの意思で作る事が出来たら…どうでしょうか。

「そんなこと出来ないよ」
「どうせ簡単ではないんでしょ?」
「顔とか金が全てでしょ?」

と思われるかもしれませんが、実は、女性とセックスして依存させることにお金持ちかどうか、性格や顔は関係ないのです。そして、今回は女性を依存させあなたの虜にさせるための依存している人の特徴を解説していきます。

依存させた後の状況が把握しやすくなる為、非常に重要な項目となります。ここでは、依存している人の特徴についてご紹介していきます。

依存している女性の3つの特徴

依存している人間の特徴は大きく分けると、3つあります。

1つ目に、「異常な執着」

例えば、女性があなたのことを好きすぎて、毎日のように電話がかかってくる。あなたさえいれば良いというような状態です。この状態になると精神的や肉体的、経済的な問題が起こったとしても、対象に執着し続けます。

2つ目に、「否認」

依存している人間のことを別名、「否認の病」とも呼ばれているのですが、否認は対象によって2パターンに分けられます。

まずは、自分は大丈夫!!という発言をよくします。どんな自信かは分からないですが、例えば、「パチスロやっているけど、自分は少し前に万枚出しているからプラマイゼロだよ!」・「クレジットカードで結構買いものしたけどリポ払いで何とかなるから、借金とかしてないよ」・「モンストの課金とか微々たるもんだよ」

等、自分の問題性を否認して過小評価する傾向にあります。

次に、やめさえすれば大丈夫!とよく言います。要するに、依存によって発生した問題を否認することです。周囲との人間関係やコミュニケーション経済問題等の問題を否認します。「タバコさえやめれば元通りの健康的な生活を送れる」・「ギャンブルさえやめれば自分も問題ない」などのようにやめたら大丈夫だから……という形だったり

また、「パチンコさえしなければ、申し分なくいい人なのに」と、周囲者が「第二の否認」をすることもあります。否認は病的防衛機制として、病気利得を得るために(つまり、依存を続ける言い訳として)なされます。

さらには、発言にも裏と取れるものが多かったりします。

「人間は誰でも死んでしまうんだ」
(だから、タバコを吸い続けても同じだ)

「法律に違反しているわけではない」
(だから、大丈夫なんだ)

こういった否認行動がよく見られます。

3つ目に、「衝動性」

衝動性とは、「将来よくない結果をもたらす可能性があるにも拘らず、目前の欲求を満たすために手っ取り早い行動を行ってしまう特性」恋愛に例えると、ダメ男に惚れてしまう女性のことですね。

昔、ザ仰天ニュースでもDV夫に惚れる女性の特集をやっていましたがあんな感じのイメージですね。

何故、人は依存してしまうのか?

夜遊び男性からすると女性を自分のものにしたい、狙っているあの女性を自分の虜にしたいと思っていると思います。依存という言葉で表すとあまりよくない表現に聞こえますが、ここで考え方を変えてみましょう。

今のご時世、「愛」というものが薄れています。家事や炊飯は昔と比べて、便利なグッズがどんどん売れ始めて、結婚へのメリットが薄まってきています。そんな中、あなたのことを想って、あなたのために人生を歩んでくれるようなそんな女性と恋愛が出来るかも知れないと思えれば、これは本当に素敵なお話ですよね?

「依存」という言葉は悪い言葉ではありません、相手の女性が自分の虜になっていると思っていただければと思います。さて、何故人は人に
依存してしまうのでしょうか。依存とは、何らかの快感があり、その快感を何度も得てしまった為に起こるものです。

その快感を得る事が出来る先が人だった場合に、人はその人に対して依存をしてしまうのです。例えば、一緒に居て楽しく感じ、離れたくないと感じる事でも、嫌な事がなくずっと続く事で「いつかは離れてしまうかも」という不安に駆られていきます。

この不安が「離れたくない」という欲求を生み、楽しい時間を過ごすことでその欲求が解消され、また快感となり「依存」していくのです。つまり

嬉しい
→快感
→不安
→求めてくる
→嬉しい

という気持ちがループして、相手に依存してしまうのです。日本では特に、集団意識が強く集団に流されやすい特徴があるため、自分に自信があったとしても集団に意見を合わせてしまいやすく、こういった場面はよく見ると思います。

例えば、10人で会議をしていてGDPはなんでしょうか?と質問されて、自分では「国内総生産」と分かっていても、周りの9人が「国民総生産」だと言うと、自分の発言に自信が持てなくなり「国民総生産」と答えてしまう……

人間である以上は、人に頼りたい、一人は嫌、人と一緒にいたいという気持ちが強くなり、精神的に不安定になるため心理を揺さぶりやすいのです。そのような対象がいるからこそ、何かに依存するのであり、依存することでその人自身が安心するのです。

「私には彼がいるから大丈夫」

このように感じるのです。

また、依存する人は自信を持っていない場合が多くあります。これは、自分に自信が無い為、誰かに助けてほしい、誰かに寄りかかりたい、そういった心理を持つ事で、相手に対して強く依存しいなくなる事を恐れてしまうのです。

人間はどんなに頑張っても、誰かに甘えたくなります。ここで甘えられる環境や人がいると、その方向に甘えてしまいます。甘えるということで快感を得ると、その人や環境に対して依存してしまいます。

基本的依存関係という言葉があります。これは、お互いの間で、(保護)(依存)の関係になっている事を示します。一度両者の間で(保護)(依存)の関係になってしまうと、この関係が一生続く事もあります。保護する側は、常に保護する。依存する側は、常に依存する。

つまり、人を依存させる際は、依存させる側が保護する側になり、依存する側が依存する形を作る事が必要になるのです。

依存しているときに何を考えているのか?

人に依存しているときの心理とは、いったいどういったものなのでしょうか?

恋愛における依存症とは、恋愛から抜け出せない性質のことを指します。相手に尽くさずにはいられない、逆に傷つけずにはいられない、刺激的な愛を求めずにはいられない…

実は誰でも、恋愛依存症に陥る可能性を持っています。「自分には関係ない」と思っている人ほど、落とし穴にハマってしまうもの。女性が自分のためにメロメロになってくれるのは、本当にうれしいお話です。

でも、それはイケメンだけなのでは?経済力や社会的権力を持っている人だけに出来る技なのでは?と思ってしまうかもしれませんが、このような属性は全く関係ありません。人が人に依存するには理由があります。

依存する際には、共通の審理が存在し、基本的には

ネガティブな感情
幸せじゃない自分への不安
主体性がない

等が挙げられます。

ネガティブな感情というと、「寂しい」「自信がない」ということが挙げられますが、寂しい気持ちがあると自分は孤独だと思ってしまいます。1人の時間が欲しい人でも、孤独はとにかく嫌がる人が多くいます。この孤独感をどうにかしようと、人とのつながりを求めます。

孤独感が高まっていくにつれて、孤独から脱却しようと理性を書いた行動をするようになります。結局、自分自身で考えた行動ではないので、冷静になると公開してしまうこともあります。

しかし、後悔と寂しさが融合すると人はダメだと思っていても、寂しさを埋める行動をしてしまいます。寂しさを埋めることに快感を得てしまい、孤独になりたくないために行動してしまいます。

自信のなさからは、依存体質になりやすい人は自分に自信がない人が多いです。日本人は特に、自分に自信がないと感じる人が多く自信がないと不安な状態になります。この不安な状態を解消しようとしても自分に自信がないため、解決方法を人に委ねてしまい、結果的に依存する形になります。

他人に解決を委ねてしまうと、自分にはこの人がいれば大丈夫と相手に依存してしまいます。幸せじゃない自分に不安というものには、何か家庭での問題や自分の中での問題があり、他人と比べて幸せじゃないと感じると自分も幸せになりたい、その不安を解消したいという欲求が生まれます。

幸せじゃない自分への不安では、自分が元々ネガティブな性格ではなくても、年齢を重ねるとそうなのですが、人間は年齢を重ねるごとに人生に対する幸福度がどんどん下がっていきます。ちょっとした出来事で自分は幸せじゃない、そこから不安を感じて、ストレスがたまり、さらに不安になります。

その不安の解決を他人にゆだねて、依存してしまいます。不安を感じることは誰でも感じますが、他人に解決策を委ねてしまうことが依存への入り口となってしまうのです。

主体性のなさは、先ほどから解説しているのを見て察している人も多いかと思いますが、基本的に主体性がなく他人に答えを聞こうとしている状態です。

実は、この3つの状態を見てもらったらわかるとおり、不安や嫌な感情が生まれたら、物や人に頼ってしまう点から依存がスタートしていくのです。女性から何か相談を受けたら、まずは、心身に相談を聞いてあげましょう。相手の女性がメロメロになる可能性があります。

性行為と依存症は関係あり?

女性を自分の虜にしたい、しかし、虜にするためには容姿が良くないといけない……、経済力がないといけない……と思うかもしれません。しかし実は、女性を虜にするには、何度も言いますが上記の2つは関係ないのです。

相手の女性を虜にする、切り札、必殺技というのが「性行為」なのです。性行為と依存の関係を知ることで、貴方は今のままでも女性と性行為をして、その女性を貴方の思いのままに操る事が可能になるのです。

「性行為と依存症」には、ある関係があります。実は、依存症で発生する問題の解決に手っ取り早いのが、この性行為なのです。人間の中で一番快感を得られるのが、この性行為なのです。

単純な性行為への快感とこの人から求められているという、不安の解消の快感が同時に起こることで非常に相性が良いのです。

・ネガティブな感情

・幸せじゃない自分への不安

・主体性がない

といったようなことが、依存する理由という話を先ほどしましたが、ネガティブな感情や幸せじゃない自分への不安……これは性行為一発で解決します。主体性がない部分も人に頼るという点だったので、これも性行為でなんと解決してしまいます。とてつもない、必殺技なのです。

不安でとてもネガティブな状態になっていて、自分ひとりの力ではどうしようもない状態になっているときに他人から求められることで幸せを感じて、ぽっかりと空いた穴が塞がります。これが快感になって、依存してしまうわけです。

しかし、快感が中途半端なものだと別の人に快感を求めてしまうので、強い快感を得るために性行為というわけです。不安の解消も一時的なものかもしれませんが、それでも女性を自分に依存させるには、非常に簡単で最高な行為となります。

確かに不安や寂しさを覚えたとき、他人に解決を求めます。それが、性行為が一番良いというのも一時的ではあれ「セックスをしたら幸せになれる」と感じてしまいます。

女性はみんな女優?

ですが、注意点として、現実的にはただ単に性行為で自分の虜することが出来るといった簡単なものではなく、性行為に満足できないと女性はいろんな男性との性行為に依存してしまうケースもあります。

これはその人との、性行為に満足していないがために起こってしまう現象です。男性にとってはとても悲しい現実かもしれませんが、女性を満足させる性行為が出来ている男性が、実はほとんどいません……

「女性が満足しているように見えるんだけどな……」と思っているかもしれませんが、それは、女性が「演技」をしているからです。これは小悪魔のようですが、自分の興奮を高めるためと相手の興奮を高めるためにやっていることです。

AVとかを見ていてもそうだったりしますが、無駄に声を出していたり「イク!」っという演技が多かったりします。女性が「もう……イクっ…!!」「あんあんあん…」という言葉をプレイ中に聞いたことはありませんか?

この声を聴いて、あっそろそろ○○ちゃんイっちゃうかな?と思ってラストスパートをかけたことはありませんか?残念ながらそれは「演技なのです」相手が本当に行ってしまうときは、そんなに一定のリズムで「あんあん」言いません。

不規則なリズムな喘ぎだったり、異様な大きさの声が出たり、視点が定まらなかったり、痙攣・潮吹き・失神というような現象が見られます。規則的な喘ぎだったり、相手が会話できるようなレベルでは、普通に理性が残っているので女性をイかせられてはいないのです。

ただ、性行為するだけではなく、本当に気持ちよくさせ絶頂させることで、女性にとてつもない幸福感と満足感を与えることができ相手の女性を虜にすることが出来て依存させることが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性を虜にするために知識を入れておくだけで、実は恋愛の方法が自然と変わっていくのです。このような基本的とも思える知識でも、ぜひ頭の中に入れていきましょう。


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのLINE@に登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO LINE@&東京ナイトライフメルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。