高級レストランで女性をバッチリエスコート!細かなマナー徹底解説

高級レストランのマナーを知っていますか。高級レストランには高級レストランならではのマナーが存在します。ここでは高級レストランに行った際に女性をばっちりエスコートするためのマナーをご紹介します。

目次

高級レストラン予約時のマナー

まず、高級レストランを予約する際のマナーについてご紹介します。

予約時の情報は具体的に伝える

高級レストランに行く際、予約なしでの訪問はマナーに欠ける行為とされます。事前に電話での予約を入れるようにしましょう。電話をする際には時間にも気を付けてください。ランチやディナーなどのピークタイムを避け、アイドルタイムに予約するのが一般的です。アイドルタイムであれば、お店の方にも余裕があるので、予約のミスなどが起こりにくくなるでしょう。メールやネットの予約があるのであれば、そちらを利用することで時間を気にせずに予約することができ、履歴も残るのでより間違いがなくなるでしょう。

レストランに予約をする際には、可能な限り具体的な情報を伝えることが重要です。予約人数、希望の席の種類(テーブル席、個室など)、希望の時間はもちろんですが、特別なリクエスト(誕生日や記念日のお祝い、食物アレルギーなど)などがある場合には、どのタイミングでお祝いをするのか、どのようなシチュエーションにするのかなど、詳細を伝えることが重要です。

これによって、レストラン側は詳細な準備を行うことができ、より円滑なサービスを提供するのに役立てることができます。

また、予約時の電話対応が良くない場合は実際のサービスも期待できない場合も多いので、レストラン側のイメージをつかむためにも予約をすることが大切です。

ワインにこだわる場合事前に持ち込むのがベター

当日来店時に持ってこられたら、お店の人は困ってしまいますよね。

事情があってワインを持ち込む場合は、数日前にお店に訪問したり、宅急便で事前に送るといった対応をとるようにしましょう。事前に持ち込むことで、お店の方もしっかり対応でき、ワインをベストなタイミングで提供してもらうことができます。

持ち込む場合には、手数料が必要な場合があります。持ち込み料やワインリストのチェックについては、事前にレストランに問い合わせることをお勧めします。また、持ち込みワインがレストランのワインリストにないか、レストランのポリシーに違反しないかを確認することも重要です。

基本的に持ち込んでいいワインは、例えば、「入手困難なレアワイン」や「特別なヴィンテージ」などに限られると覚えておいてください。

高級レストランでの予約時のマナーは、お客様とレストランの間でのコミュニケーションを円滑にし、最高の食事の時間にするためにとても重要となっています。

高級レストラン使用時の身だしなみのマナー

ここでは高級レストラン使用時の身だしなみのマナーについてご紹介します。

ジャケットと革靴を着用

高級レストランでは、正装が望ましいです。高級レストランではより見た目が重要視されます。不適切な服装では入店を断られたり、不利な席に案内されたりする可能性もあります。

また、同じ料金を支払っているにも関わらず、サービスの質も低下する可能性があります。そのため男性は最低でもジャケットと革靴を着用することが好ましいです。暑くても我慢しましょう。女性は男性よりもドレスコードが緩い傾向がありますが、きれいめな品の良いワンピースなどを選ぶと良いでしょう。心配な方は予約時にドレスコードについて確認することをおすすめします。

香水はつけない

高級レストランでは、料理やワインの香りも楽しみの一つであるので、香水の強い香りで料理やワインの香りを妨げてしまう可能性があります。香水が強すぎると、「この人はワインに興味がないのだろう」という印象を与えてしまう場合もあります。香りが強いためにほかのお客様の迷惑になることもあります。

したがって、香水を使用する場合でも、控えめにつけるか、できればつけないように心がけましょう。

これらの身だしなみのマナーを守ることで、高級レストランでの食事がより素晴らしい時間になるでしょう。周囲の人々やレストランの雰囲気に配慮し、上品でリラックスした雰囲気を作り出すことが大切です。

高級レストラン入店・着席時のマナー

ここでは入店してから着席時のマナーについてご紹介します。

レディファーストを心がける

常に女性が優先されるように振舞いましょう。女性にドアを開けてあげたり、通路を歩くときは自然と女性が前に来るようにする、上座に座らせるなどです。

女性は遠慮なく前を歩いてください。ただし、階段がある場合、昇りでは男性が後ろ、降りるときは男性が前と、常に男性が女性よりも下にいるような状態にしましょう。理由は、もし、女性が転倒した場合に助けることができるようにするためです。

上座は基本的にはテーブル席で最も奥の席になります。女性が先を歩いている際に、お店の方が案内し、椅子を引いてくれた席が上座になります。

店員が困らないようにするためにも、女性を先に歩かせることが大切です。

着席・退席は椅子の左側から

着席、退席は常に椅子の左側から。これは昔から決まっています。昔、右利きの人が多いことから、左腰に剣を差すというのが通常のスタイルでした。右側から椅子に座ったり立ったりしようとした際、剣が引っかかってしまい邪魔であったことから、左側から着席、退席をするようになったとのことです。現在では剣が邪魔になるといったようなことはありませんが、ルールとしてしっかりと頭に入れておきましょう。

テーブルの上には何も置かない

食事の際、テーブルの上にスマートフォンを置く方が多いと思います。しかし、本来はテーブルの上には私物を置いてはいけないのです。そもそもテーブルとはお皿の延長であると考えられています。そのため、バイキンのついているようなスマートフォンを置くのは、お皿の上にバイキンの入った料理を置いているようなものとなるのです。

当たり前のようにやっている方が多いと思うので、気を付けましょう。

椅子の背もたれにはもたれかからない

背もたれに寄りかかると姿勢が悪く見えます。そのため、背もたれにはよりかからず、浅めに座って姿勢を正しましょう。

肘をつかない

食事中に肘をついて食べるのは、マナー違反になります。テーブルの上に指先から肘の手前まで出し、女性の場合は両手を前で揃える、男性の場合は拳を肩幅くらいに広げておくのが望ましいです。

普段、無意識に肘をついて食べている人は注意してください。

高級レストラン注文時のマナー

ここでは注文時のマナーについてご紹介します。

食前酒はシャンパーニュを注文

着席して少しするとソムリエが「お食事の前にシャンパーニュはいかがですか?」と聞いてくれるので、基本は「お願いします」と答えれば完璧です。

ワインに詳しい場合は「ワインリストを見せていただけますか」と答えるのもいいでしょう。ワインリストを見せてもらい、お好みのものを注文するのも良いです。興味を持っていることが感じられるので、ソムリエにも喜んでもらえるでしょう。

グラスだと割高なお店も多いので、たくさん飲みたい場合はボトルで注文してしまうのも良いかもしれませんね。

アルコールが好きでない、体質に合わない場合は無理に飲む必要はありません。食前酒のタイミングで頼むものとしてはミネラルウォーターが一般的です。こちらを注文しましょう。

メニューは熟読する

高級レストランでの料理は、アラカルトとコース料理に分かれることが一般的です。アラカルトの場合はメニューを見ると思いますが、コース料理の場合もしっかりメニューを見ましょう。後のワイン選びのヒントになるし、レストラン側にも食材や料理に興味があるということをアピールできます。食前酒を飲みながらゆっくり読んでみてください。

アラカルトの場合はメインから選ぶことをおすすめします。メインが肉の場合、前菜は魚介や野菜を選ぶのが無難ですね。メインを魚に似た場合は、肉や野菜を選ぶのがいいでしょう。好きなものを頼むのが基本ではありますが、同じものを頼む方が感想などを言い合えて話題が弾み、料理の印象を覚えておくことができるかもしれませんね。

コースの場合、お店が決めたものが順に支給されますが、メニューを熟読すると、次にどんな料理が出てくるのか想像しながら楽しく待つことができます。最近は、リストアップされたいくつかの料理の中から選び、自分の好きなコースを選ぶというスタイルも広まっているので、自分の好きなものを食べたい方は、このようなメニューを提供しているお店を選ぶのもいいかもしれませんね。

ワイン・ペアリングが無難

初心者の方は特にワイン・ペアリングが無難です。料理ごとに合ったワインを提供してくれるので、ワインと料理の相乗効果でより良い味を楽しむことができます。また、あらかじめ決まったワインが提供されるので、予算が立てやすいです。

ソムリエと会話をするのが苦手な方にもおすすめのコースです。

飲む量と予算を伝える

ソムリエに必ず『飲む量』と『予算』を伝えてください。

ワイン・ペアリングでない場合、ワインリストも見ずに料理に合うワインをお願いするのはやめましょう。料理に合うからと言って10数万するようなワインを提供される場合もあります。

ワインリストを見ながら、価格を見て、どのようなワインが飲みたいのか、飲む量はこれくらいであるが、ここら辺の中だったらどれがおすすめかを聞くようにしましょう。ここら辺というのはずばり、価格帯の話です。

聞いた中から料理に合わせたおすすめのワインをソムリエが選んでくれます。

初心者の場合は、飲む量と価格帯だけ伝えて、あとはソムリエにお任せというのも良いと思います。

上級者の場合は、ワインリストをしっかり読み込んで、どんなワインが特徴のお店なのか、値付けがどの程度であるのか、などの判断を下し、料理に合った最適なワインを自分で選んでソムリエにお願いするのもいいですね。

飲み物を注がれる時はグラスに触れない

ワイングラスは持ち手が定まらず、ソムリエが注ぐのが難しくなってしまうため、グラスに触れず、机の上に置いたままにしましょう。

乾杯時にグラスを合わせない

居酒屋で飲む際に当たり前のようにグラスを合わせて行う乾杯ですが、高級レストランではグラスを合わせてカチンと鳴らしてはいけません。グラスは高級かつ繊細のものであるので、合わせたことによって割れてしまう可能性があります。乾杯の際は、ステム(脚)を指3~4本でもって、軽く掲げるイメージで乾杯をしてください。

注文時にもたくさんのマナーがあることがわかりましたね。普段の食事ではあまり意識していない部分も多くあったと思います。1つずつ丁寧にこなして食事を楽しみましょう。

高級レストラン食事中のマナー

ここでは食事中のマナーについてご紹介します。

ナプキンは2つ折りにしてループを手前にして膝に置く

食前酒の注文が済んだら、ナプキンを膝の上に置きます。ナプキンは2つ折りにして

ループを手前にして膝に置きます。この向きで置く理由は、ナプキンで口を拭う際に、折った内側の面が唇に触れ、汚れた部分が外に見えないようにするためです。

ここで一つ気を付けたいのは、女性がナプキンを膝の上にかけた後に、男性も膝の上に置くということです。女性がなかなか置かないと男性も置けなくなってしまうので、女性側もマナーを知っておくことが大切です。

携帯はチェックしない

連絡が来たたびに内容をチェックするのはマナー違反になります。せっかく料理を楽しみに来ているのに、ほかの人と連絡を取るなんてもっての外です。電源を切って食事を楽しむくらいの意気込みで来ましょう。

また、おいしそうな料理を目の前にすると写真を撮りたくなってしまいますよね。本来は食事中にカメラを取り出して料理の写真を撮るのは望ましくありませんが、お店が認めている場合は写真をとっても問題ありません。

しかし、お店が認めているからと言って何枚も何枚も写真を撮るのはやはり見栄えが良くありませんし、せっかくの料理も冷めてしまいます。写真を撮る場合には、素早く撮影し、料理を楽しむ時間を優先しましょう。

皿は動かさずに食べる

日本の文化的にお皿を持ち上げて食べることは通常かもしれません。しかし高級レストランのマナーでは、お皿を持ち上げて口元まで近づけるのはマナー違反です。しかし、お皿に顔を近づけ過ぎるのも、下品であるのでやめましょう。こぼす可能性があるものはある程度汁を切ってから口に入れる、ポロポロこぼしそうなものは、お皿の上でこぼさないような状態にしてから口に入れる工夫をしましょう。

カトラリーは外側に置かれているものから使う

テーブルコーディネートによってはフォークやナイフのカラトリーが何本も綺麗に並べられていることがあります。この場合は外側から順番に使用していきましょう。もし仮に間違えて使用してしまったり、使用する順番がわからなくなってしまっても、その都度お店側が料理に合わせて、対応してくれます。

基本的には右利きの人はフォークは左手、ナイフは右手に持ち(左利きの人は逆)、それぞれ人差し指を添えて持つのが基本です。スープ以外はナイフとフォークをセットで使用しましょう。

手皿は使わない

こぼさないようにするために手皿を使う方がいると思います。これもマナー違反です。手の上に落ちたものを食べるのも見た目が悪いですし、手の上に落ちたものの処理にも困るので、こぼれないようにあらかじめ食べやすいような状態にすることを心がけましょう。

音は立てない

静かにカトラリーを持ち、音をたてないように食べやすいサイズに切り、すすることなく静かに口に入れてください。食べるときに咀嚼音を立てて食べる方がいますが、相手が不快な気持ちになることが多いですので、絶対にやめてください。

麺はフォークだけで食べる

日本ではスパゲッティなどの麺を食べる際、スプーンとフォークを使って食べることが多々あると思います。しかし、フランス料理やイタリア料理では、麺はフォークのみで食べることが一般的です。

音を立ててすすることはやってはいけません。麺を途中で嚙み切るのも見た目が良くありません。上手に食べるコツは、少しの麺をフォークに十分に巻き付けて、一口で食べきれる大きさにまとめることです。少し足りないかなくらいの量で十分です。一口でまとめられれば、フォークからぶら下がってソースが飛び散るといったことや、食べきれず嚙み切るといったことがなくなり、きれいに食べることができます。

給仕が説明した食べ方で食べる

骨付き肉など、手を使って食べるのが前提の料理の場合は、給仕が「お手に取ってお召し上がりください」と伝えてくれます。それ以外にも、エビやカニ、貝、魚の骨など、カトラリーのみで食べるのが難しいと感じる料理についても、見た目を汚すくらいなら遠慮することなく手を使って食べましょう。

また、机の上に水が張られた小さなボールが置かれることがあります。これはパンや肉など手づかみで食事をして汚れた手を洗うための水です。間違って飲まないようにしましょう。

グラスは右手、パンは左手

大人数の円卓で食事をする場合に困ってしまう方もいるかもしれませんが、自分のグラスは右手にあるもの、自分のパンは左手にあるものになります。

わからなくなってしまった場合は他の人が手に取ったものを確認してから、手に取るのが確実ですね。

一口サイズに切って食べる

肉や魚などはフォークとナイフを使用して一口に切ってから食べましょう。料理が冷めたり、汁が流れて乾燥してしまう場合があるので、最初に全部切るのではなく、都度切って口に運びましょう。切る際に、見栄えが良く、切りやすいので斜めに切るのがおすすめです。

パンもかぶりつくのではなく、一口サイズにちぎって食べましょう。

食事中は「ハ」の時・食後は4時の方向

カトラリーを置く際、食事の途中であるときは「ハ」の字に、食べ終わった場合には揃えて4時の方向に置くようにしましょう。「ハ」の字に置いてある場合、給仕にお皿を下げられることはありません。4時の方向に揃えて置いてある場合、給仕は黙ってお皿を下げてくれます。

パンはソースに浸さない

余ったソースがもったいないと思ってパンをソースに浸すことがありますよね。気心の知れた家族や友人、恋人でしたら浸しても良いかもしれませんが、接待などの場合は、見た目が良くないと感じられてしまう場合もありますので、浸さずに食べるようにしましょう。

落としたカトラリーは拾ってもらう

落としたカトラリーは自分では拾ってはいけません。落とした場合は給仕に合図をして、新しいカトラリーと交換してもらいましょう。

食事中には多くのマナーがあることがわかりましたね。知っているだけで、慌てずに食事を楽しむことができるので、普段から気を付けられそうな部分は改善していき、高級レストランで食事をする際にスマートにできるとよいですね。

高級レストランでのワインの飲み方のマナー

ここではワインの飲み方のマナーについてご紹介します。

グラスに口をつける前にナプキンで口元を拭く

食事中にワインを飲む際、そのままグラスを口につけると料理の油脂がグラスに付着し、汚れてしまいます。そのため、グラスに口をつける前はナプキンの内側で軽く口元を拭き、油脂を落としてからワインを飲むようにしましょう。女性は口紅をつけている場合がありますが、口紅がグラスについてしまう可能性もありますので、この場合も一度軽く口元を拭きましょう。

グラスは脚を持つ

ワイングラスはステム(脚)を持ちましょう。ボウル(胴体)を持つ方もいますが、ボウルを持つと体温で中身のワインが温まってしまい、味わいが変わってしまう場合があります。

ステムの部分を指3-4本で持って飲むようにしましょう。

香りを味わってから飲む

ワインの価値は香りでもあります。すぐに飲むのではなく、香りを楽しんだ後に、味を楽しみましょう。

グラスは反時計回りに回す

テイスティングをする際に空気に触れさせるために、グラスを回す行為があります。その際、反時計回りに回すようにしましょう。時計回りだと万が一こぼしてしまった場合に隣の人に飛び跳ねやすくなってしまいます。

不安な方は、テーブルにつけたまま、縦に動かすイメージで回しても良いです。この時も反時計回りを意識しましょう。

ワインは給仕に注いでもらう

追加のワインが欲しい場合、自分で注がず、空のワイングラスを手に持ち、給仕に目配せしましょう。給仕が新たなワインを注いでくれます。

ワインを飲む際に、香りを楽しむといったことをしたことがないかもしれませんが、高級レストランでは普段飲めないようなワインもそろえてあると思いますので、ぜひ香りも楽しんでみてください。

高級レストランお手洗いのマナー

ここではお手洗いのマナーについてご紹介します。

メインが終わるまでは我慢する

数十席あるレストランにおいて、テーブルごとのペースを把握しながら臨機応変に食事を提供するのはとても大変なことです。食事中に席を離れるとペースを乱してしまう可能性があります。

メインの料理は最高の状態で提供するために、温度管理がしっかり行われているので、途中でトイレに行ってしまっては、最高の状態で提供できなくなってしまう場合もあります。

デザートは温度管理が比較的容易で、工程もメインほど複雑ではないので、せめてメインを食べきるまではトイレは我慢しましょう。

男性が先に行き場所を把握する

本来は食事中にトイレに行くことは望ましくありませんが、長時間にわたるコース料理においては途中でお手洗いに行きたくなってしまうのもやむを得ません。女性にトイレはどこにあるかと店員に恥ずかしい質問をさせないようにするために、行きたくなくても男性が先にお手洗いに行き、場所を把握しましょう。

ナプキンは椅子の上に置いていく

途中で席を離れる場合、ナプキンは軽くたたんで椅子の上に置きましょう。使用済みのナプキンを机の上に置くのはNGです。

食事の途中でお手洗いに行くと会話が中断されたり、雰囲気が変わってしまうこともあります。可能であれば、食事前、食事後に行くようにできるといいですね。

高級レストラン食事後のマナー

ここでは食事後のマナーについてご紹介します。

女性にお手洗いが大丈夫かを尋ねる

高級レストランではお会計はテーブルで行うのが普通です。お会計の様子を女性に見られたくないと思います。そのため、お会計前に女性にお手洗いが大丈夫かを尋ねましょう。お手洗いに行く場合は、お手洗いに行っている間にお会計を済ませましょう。もし、女性が席を立たない場合は、自分がお手洗いに行く体で支払いを済ませましょう。

ナプキンは畳まない

退店時にはきれいにナプキンを畳まず、軽く折りたたんでテーブルに置いておくのがマナーです。過度にきれいに畳んだり、ぐちゃぐちゃすぎると料理に不満があったという意味になってしまいます。

女性のコートを着せる

女性のコートは、男性がお店から女性のコートを受け取り、男性が女性に着せてあげてください。男性が女性をもてなしているという印象を最後まで植えつけましょう。

女性のコートを着せて退店するまでがマナーです。最後まで気を抜かないようにしましょう。

高級レストランのマナーを身につけて女性をバッチリエスコートしよう!

入店時から退店時まで多くのマナーを紹介してきました。これをすべて丸暗記したらできるというものではありません。何度も繰り返していくことで自然とできるようになっていくものですので、マナーを頭の片隅に置きながら外食をしてみてください。

ポイントは「レディーファースト」「ほかのお客様に迷惑をかけない」「雰囲気になじみ食事を楽しむ」ことです。これを守ることで、細かいルールは多めに見てもらえる場合もあります。

マナーをしっかり身に着けて女性をばっちりエスコートできるようにしましょう。

ヤレる芸能人リスト & 東京夜遊び完全攻略


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのメルマガに登録いただくと、「ヤレる芸能人リスト」と「東京夜遊び完全攻略」PDFを無料でプレゼントいたします!

HIRO メルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。