AV新法でAV業界がなくなる…?!現役AV女優は新法に何を思っている?

AV新法を聞いたことがありますか?

AV新法は賛否両論あり、これからAVとして活動する女性の安全を確保する一方、現役のAV女優からは厳しい意見が上がっているのが現状です。

どうしてAV新法は賛否両論あるのでしょうか。またそもそも、AV新法はどいうった目的で設立され、AV女優にどんな影響をもたらしているのでしょうか。

ここではAV新法とそれによる現役AV女優の声について解説していきます。

そもそもAV新法とは?

そもそもAV新法とはどんなものなのでしょうか?

AV新法とは『性をめぐる個人の尊厳が重んぜられる社会の形成に資するために性行為映像制作物への出演に係る被害の防止を図り及び出演者の救済に資するための出演契約等に関する特則等に関する法律』のことで、通称『AV出演被害防止・救済法』と呼ばれています。

この法律は、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことに伴い2022年にできた法律です。今までは未成年者取消権というものがあり、これによって、18歳、19歳の若者が守られていましたが、成人年齢の引き下げにより適用対象外となってしまいました。そのため、18歳、19歳の子が自分の意志と反しているにも関わらず、アダルトビデオに出演させられてしまうという被害が増えてしまいました。そこで全ての年齢・性別の人を守るための法案として、AV新法が作られました。個人撮影のAVや同人AVなどの非適正AVにも適用されます。法改正を求める声も上がっているようですが、被害の救済のために早い実現が必要ということで、早急に作られた法律であるということです。

AV新法でAV業界がなくなる理由

AV新法でAV業界の制作現場が混乱しているという話を耳にします。またAV新法によってAV業界がなくなってしまうのではと心配の声もあがっています。このような声が上がっている理由として、法案と現場の慣習がかけ離れていることが原因とされています。具体的にどんな問題があるのか、本当にAV業界がなくなってしまうのか見てみましょう。

出演契約は作品ごとに行わなければならない

1つ目は『〇出演契約は、AVごとに締結しなければならない 〇書面主義 〇AV契約書等の交付義務 〇AV契約の説明義務→罰則で担保』という内容が定められていることです。

新法が作られるまでは、現場では撮影前に「撮影内容、ギャラ、拘束時間、日にち」を決めておき、契約書は撮影当日に書くのが通常でした。理由としては、AV女優全員が撮影現場の近くに住んでいるわけではなく、遠方に住んでいる女優ももちろんいて、撮影日より前に全員に契約書を書いてもらうのが難しいためです。しかし、AV新法では撮影の1カ月前に契約書を交わさなければなりません。そのため、遠方に住んでいる女優さんも撮影前に一度契約書を書くために現場へ行く必要が出てきました。

書面の交付から1か月間の撮影の禁止

2つ目は『書面の交付から1か月間の撮影の禁止』という内容です。契約書を交わしてから1か月間は撮影ができません。新法ができる前までは、10日から1週間前にお仕事が入ることは普通でした。また、熱が出たり、体調が悪くなった時など緊急で撮影に参加できなくなっても代わりの女優さんや俳優さんに差し替えることはよくある話でした。しかし、AV新法では、契約後1カ月後まで撮影ができないため、急な差し替えは違反となってしまうのです。そのため、もし当日に撮影に参加できなかったら、現場が飛んでしまうといったことも十分にあり得るようになるでしょう。

全ての撮影の終了から4か月間の公表の禁止

3つ目は『全ての撮影の終了から4か月間の公表の禁止』です。全ての撮影の終了から4か月間は販売もPRもすることができないということです。しかし、出演した女優はSNSでの宣伝は許されているようです。これはもし自分の契約した内容と異なる撮影だったら、販売前に差し止めができるようにするために作られました。

この内容がAVメーカーを潰すことになるのではないかといわれています。4か月公表禁止ということは5カ月後に販売が開始され、支払いサイトからの入金は7か月後ということになります。一般的にAVメーカーは銀行の融資を受けることができないため、出演料や次の作品を作るための制作費が賄えなくなる可能性があります。さらに出演者が販売の差し止めを希望したら、販売できなくなってしまい、制作をすること自体が難しくなってしまう可能性が出てきてしまいます。

メーカーが制作を中止したら、適法AVが作れなくなってしまうため、もちろん女優、俳優の仕事もなくなってしまいます。その結果個人や同人サークルが違法に制作するような、同人AVばかりになってしまう可能性が出てきます。実際に、現場が止まってしまったAV女優に同人AVの現場から出演依頼が来た例もあるようで、より違反な撮影が増える危険性があります。

AV新法で悲鳴を上げるAV女優の声

AV新法は望まないAV出演による被害をなくすための法律ですが、やはり仕事に影響が出始めているのも事実のようです。実際に上がっているAV女優の声をいくつか紹介します。

・女優 金苗希実さん

「7月決まってたAVの撮影が全部中止… AV新法で女優が守られるどころか仕事が無くなって現役の女優たちが苦しむ構図って誰得なん。。」(引用)

・女優 月島さくらさん

「決まっていた撮影、といっても以前は「撮影内容、ギャラ、拘束時間、日にち」までしか決めていません。契約書を書くのは当日です。呼び出して今書かせるという手を取るメーカーもありますが、遠方組の女優もいたり自分のスケジュールをあけられなかったり様子見したいからと取りやめにするケースが多いです。この先作品の幅も狭まり、共演ものがリスク回避のために減るとなると、起用される女優数が減るので必然的に一人一人の仕事が減ります。あなたは私たちを苦しめているだけです。せめて賃金補償してください」(引用)

・女優 宝田もなみさん

「AV新法のせいでカフェで勉強する女子高生の横でアダルトビデオ出演承諾書書く羽目になって勝手に気まずい…」(引用)

・女優・野咲美桜さん

「この間お会いした男優さんが、AV新法は「草野球で起きた問題でプロ野球を抑制して草野球は放置するようなもの」と凄く分かり易い例えをしていました。バイトを含めたら色んな仕事をしてきたけど適正AVの現場ほどクリーンで働きやすい場はありませんでした。やっと見つけた居場所を壊さないでほしいです」(引用)

・女優・大槻ひびきさん

「AV新法の対応に追われとてつもなく大変な日々でした。メーカーさんや事務所さんが対応に追われ皆さん疲労で顔が青ざめていました 私も仕事の合間に沢山の契約書に判子を押したりバタバタで 可決して今後本当に日本のAVが消えてしまいそうで怖いです 私達から大切なものを奪わないで下さい」(引用)

・女優・須崎美羽さん

「AV新法によって仕事が急激に減る人もたくさん出てくるんだろうなぁ…私たちの仕事って悪いことしてるのかな。税金もちゃんと払って、仕事してるだけで他の仕事と違うのかな。AVや風俗をやってるだけで「そんな仕事…」って言われることあるけど、でもどの仕事にも仕事って人の為にあるんじゃないかな」(引用)

女優以外の方からも次のような声が上がっています。

・ひろゆきさん

「AV撮影が前もって契約してから撮影すると信じてた素人政治家が「女優は契約をキャンセル出来るし掛かった費用を払わなくていい」法律を作ったので、AV撮影がキャンセルになりまくりAV女優が困っている図。障がい者の過剰保護で、善意で小人プロレスのレスラーを失業させたのと同じ構図」(引用)

・作家 中山美里さん

「適正AVという仕組みを作った時に、とても画期的だったのがオムニバスなど撮影した作品を再利用した場合、二次利用料が女優に支払われる。その際、プロダクションの取り分はなく、メーカーから直で女優に支払うというシステムがある。この二次利用料は年2回支払われ、女優さんにとっては大きな収入源になっていた人も多い。だが、AV新法により、オムニバスをメーカーが自由に作れない状況に陥っている。きっと、女優さんの二次利用料も今後は減ってしまうのだろう。なんだ、この法律。仕事と収入がなくなる一方じゃないか!」(引用)

望まないAV出演による被害者のために作られたAV新法ですが、AV女優を仕事にしている女優さんにとっては、現状とても不利な法律となっているのがわかると思います。望まない出演者にとっては良い法律かもしれませんが、実際に楽しんで仕事をしている女優さんやルールを守って作品を制作しているメーカーにとっては、苦しい法律でしかないですよね。この法律は調査期間や現場の声を深く聞かずに可決された法律であるので、実際に被害で困っている人を救えるような法律でありながらも、今まで通り望んで仕事をしている女優さんの仕事を担保できるような法律となることが望ましいのではないでしょうか。

AV新法の改訂を願います

今回はAV新法の設立経緯とAV新法による実際の声を紹介してきました。救われた女優、俳優がいる中で、仕事が減ったり、自由度がなくなって困っている女優がいることも事実です。しっかり現場の声を聴き、調査を進めながら、より多くの人が幸せになるような法律が必要です。AV新法がよりよい方向に改訂されることを願っています。

ヤレる芸能人リスト & 東京夜遊び完全攻略


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのメルマガに登録いただくと、「ヤレる芸能人リスト」と「東京夜遊び完全攻略」PDFを無料でプレゼントいたします!

HIRO メルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。