モテる男の趣味って何?ランキング形式で10位までを紹介します!

モテたいと願う男性の皆さん、実は女性ウケの良い趣味というものがあるのをご存知でしたでしょうか?もちろん人の趣味はさまざまで、休日は家にこもってゲームやアニメ観賞をしていたからといって、他人から文句を言われる筋合いはありません。

しかし、趣味がゲームやアニメ・漫画などではモテることには絶対に繋がらないのです。女性から好まれる趣味を持っているということをアピールしなければ、モテる男性からは程遠くなってしまいます。

それではいったい、どんな趣味があれば女性からモテることができるのでしょうか?ランキング形式で10個の趣味をご紹介していきます。

1位:ドライブ

下心を感じさせずに女性と密室でふたりきりになりたいときに、やっぱり車というものは便利です。デートに誘うにも「○○までドライブしに行こうよ!」と誘いやすくなる、良い趣味の第一位になります。

しかしドライブが趣味なのはとても良いことなのですが、「車」そのもの自体が好きすぎるという男性はモテることにつながりません。なぜかというと、現代の女性はドライブをするのは好きでも、車種などについてはほとんど興味や関心を持っていないからです。

バブルのころは「フェラーリ(もしくはベンツなどの外車)に乗っている」「アメ車のオープンカーを持っている」なんていう理由だけでも、バブリー女性達から大モテにモテることができていたそうです。しかし今どきでは、「高級車に乗っている=だからモテる」なんてふうに簡単に事は運びません。

これは裏を返せば、自家用車を所有していると維持費や駐車場の費用などがかかりすぎるな~と感じる男性は、別にレンタカーやシェアカーを借りてドライブに行ってもじゅうぶんOKということです。

むしろドライブ中に自分の車のブランド自慢や、どれだけのスピードが出るかなど性能面についてのうんちくを長々と聞かされた女性には「つまらない人だな。もう二度とドライブしたくない」と内心で思われてしまう可能性が非常に高くなります。

2位:旅行

旅行が趣味だという男性は、多くの女性から計画を実行に移す行動力と頼りがいのある人と見られます。旅行に出かけるには計画を立てて飛行機やホテルの予約をし、観光やグルメスポットなどをリサーチする必要性が出てきますよね。

そういったことを率先してやってくれる男性は、女性の目から見るととても頼もしく映り、モテることができます。そこまで深い仲ではないなら、日帰り旅行だって素晴らしい趣味といえます。「○○(隣県など近場)まで、名物の△△を食べに行こうよ」ということならば、気になる女性を気軽に誘い出しやすいのではないでしょうか。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は hokkaido-2794167_960_720.jpg です

まだまだ一緒に旅行に出かけられるような仲ではないにしても、旅行に行った際の思い出話として、どこのスポットの何が綺麗だった・あれが美味しかったなどの旅行ネタは、会話の糸口につなげやすい素敵な趣味のひとつになりえます。

注意点としては、ひとりよがりな自慢話に終始してしまわないようにじゅうぶんに気をつけることくらいです。海外旅行の経験がなく、興味もないような女性に対してヨーロッパの街並みの美しさを延々と語ったり、自分が語学が堪能なことを過度にアピールしたりすることは絶対にご法度です。

「この人ってカッコつけているけれど、単なる自慢話を聞かされても面白くもなんともない」と感じられて、モテなくなる危険性が出てきます。

3位:食べ歩き/グルメ

グルメや食べ歩きが嫌いだとか全く趣味ではないという女性は、まずいません。特におしゃれな雰囲気のレストランや、メディアで話題の美味しいお店に誘われると、喜んでついてくる女性は多いものです。

中にはダイエット中だという女性もいるかもしれませんが、それならば気を利かせてヘルシーでオーガニックなフードを出すレストランなどに連れ出してあげると、かなり喜ばれるでしょう。「趣味がいい男性だな・素敵なセンスをしているな」と思わせることができたなら、モテることは今よりもずっと容易になります。

まずはお目当ての女性の食の好みをリサーチし(和食・洋食・中華など大まかにでも)、ネット検索を駆使して味と雰囲気の良いお店を探してみましょう。そうして発見したお店に、思い切って誘い出してみます。

ディナータイムにふたりきりというのがまだ早そうだと感じるならば、ランチに誘うのが断られないコツです。ランチならばまずアルコールも飲みませんし周囲に人も多く明るい時間帯なので、あなた側に変な下心があるんじゃないかなどと勘繰られません。

しかも一緒に食事をするということは、人間の三大欲求のうちのひとつを見せ合うということです。汚い食べ方や間違ったマナーはしないように気をつけなければ嫌われてしまうこともありえますが、ふたりきりで食事をすることができれば、その女性との仲が一気に深まる期待は大なのです。

4位:料理

今の時代、料理ができる男性というのはかなり多くなってきています。その理由としては、かなりの高確率で女性の気持ちと胃袋を同時につかむことができるからにほかなりません。「俺、料理が趣味だから作ってあげるよ!」と部屋に誘い込む口実にも使いやすい、非常にありがたい趣味といえます。

今どき「料理は女性が作って、食卓に出してくれるもの。もちろん皿洗いを手伝うなどするわけがない」なんて昔の亭主関白みたいな男性では、絶対にモテることは不可能です。

黙っていても女性からモテること間違いなしのイケメン俳優やジャニーズタレントの大半でさえも、テレビやメディアで料理が得意なことを積極的にアピールしていますよね。そして、さらなる女性ファンの心をつかんでいるというわけです。

そうとはいっても、野菜の皮をむいたこともなければ包丁さえロクに握ったこともない……なんていう古風な男性も少なくはないでしょう。それならばせめて女性の料理を少しでも手伝おうかと申し出るとか、食後の食器は率先して洗ってあげるとか、優しさや気遣いくらいは見せるようにしてみてください。

そういった女性に対する気遣いができる男性ならば、料理が趣味とはいえなくても、モテる可能性はじゅうぶんに残されているでしょう。

5位:ペット/動物カフェ

犬や猫・うさぎなどのペットを飼っているという男性は、その点だけでもモテることに有利にはたらきます。かわいいものが大好きな女性に「うちにめちゃくちゃかわいい猫がいるんだよ!」と言えば、さりげなく部屋に連れ込むことはかなり容易になります。

実際にペットを飼育するとなると金銭面での負担などハードルが高いし、責任も重すぎるから……というあなたには、今は猫カフェなどの動物カフェも多くありますのでネットで検索してみることをおすすめします。

気になる女性とある程度親しい仲ならば、「犬派?それとも猫派?」などを切り口に会話をはじめて、「猫派なら、俺と同じだね!今度猫カフェに行ってみない?」とデートに誘う口実が作れます。

変わり種では「ハリネズミカフェ」「爬虫類のカフェ」などもあります。個性的な動物が大好きだという女性には、そういったカフェに行くことはかなりウケる趣味だと考えられます。しかしあなたがそういった動物が苦手なのだとしたら、無理をしてまで行く必要はありません。

「爬虫類、苦手だな……。気持ち悪いな……」といった嫌悪感や負の気持ちを持っていると、必ず表情や態度に現れてしまいます。それは爬虫類好きな女性からしたら、かなり失礼なことで「嫌だったら誘わなければいいのに。何この人?」と反感を持たれてしまうでしょう。

6位:映画鑑賞

映画を観ることが非常に苦痛だという女性は、あんまりいません。映画鑑賞が趣味だと言えば、たいていの女性は「私も映画観るの、好き!」と食いついてくるはずです。そうしたら好みのジャンルを聞いてみて、後日そのジャンルの新作映画に誘ってみましょう。

もしもあなたがスプラッター映画やグロいホラー映画が大好きだとしても、女性の好きなロマンチックなラブストーリーやディズニー・ジブリ映画などに付き合うことも必要になってくるかもしれません。

万が一にもつまらなそうな態度を取ってはいけませんし、退屈過ぎて寝てしまうのも最悪です。寝てしまったことに運よく気づかれなかったとしても、観終わったあとは必ず「面白かったよね!特にあのシーンが良かったと思うけど、あなたは?」などと感想を求められるでしょうから、全然観てなかったなんて口が裂けても言えないですよね。

興味がなさ過ぎて集中して観られそうにもないジャンルは避けるか、あらかじめネタばらしサイトなどで映画のあらすじを頭の中に叩き込んでおくとかは、少なくともしておきましょう。「趣味が全然合わないな」と思われたとしたら、その女性からモテることはなかなか難しくなってしまいかねないからです。

7位:カフェ巡り

カフェに行くことが大嫌いなんていう女性は、あまり聞いたことがありませんよね。普通の女性は、おしゃれな街にある雰囲気の良いカフェ巡りが大好きで、趣味でもあるということが多いものです。

だからといって、流行りすぎているタピオカミルクティーの大人気店などに誘うことは、あまりおすすめできません。長い長い大行列に並ばないといけない羽目に陥りますので、ヒール靴を履いている女性はかなり疲れてしまいます。そんなときに会話のネタが途切れて、無言になってしまったりしたら気まずいことこの上ありません。

また、そのカフェのある街がどこであるかも重要なポイントになってきます。相手が女子大学生などとても若いなら原宿や代官山などのチョイスがベストでしょうし、もうちょっと落ち着いた年齢の女性ならば青山や銀座など大人の街を選ぶような工夫も必要でしょう。

女性の趣味も、もちろん関係します。ちょっと個性派な女性やサブカル系女性がデート相手ならば、下北沢や中目黒なども良いかもしれません。原宿などと比べたら、大行列もしないでしょう。

8位:スノーボード/スキー

あなたが是非ともモテたいと思う女性がアウトドア派ならば、スノーボードやスキーに誘ってみるというのもひとつの手です。スノーボードならば、遠出して一泊してもおかしくはありません。まだそこまで親しくはないというのならば、男女の友達を交えたグループで誘い出すのがいい方法でしょう。

もちろん、あなたがスノーボードやスキーが全然趣味ではなく、むしろやったことさえもないというのならば、無理にすることはありません。

スノーボードが得意な女性からしたら、無様に転びまくっているあなたよりもカッコよく滑ることのできる男友達のほうが素敵に見えてしまいます。男友達に好きな女性を取られてしまうくらいの腕前ならば、スノーボードなどには誘わないほうがよっぽどマシですよね。

また、デートに誘いたい時期がウインターシーズンでなければ、スノーボードには誘いにくいですよね。夏のシーズンならば、最近のアウトドア派女性はキャンプを趣味にしていることが多いのです。キャンプも、仲の良いグループでワイワイガヤガヤと楽しむことのできる、一泊旅行にうってつけの良い趣味のひとつです。

9位:買い物/ファッション

女性というものは、総じて買い物が好きな生き物です。モテる男性は、女性の買い物に付き合わされても文句を言わずに自分も楽しめるようなタイプの人です。最近ではカップルで入っても楽しめるように、メンズとレディース両方のアイテムを取り扱っているショップも多いですよね。

ファッションが趣味なあなたなら、「俺にはこれとそれ、どっちのほうが似合うと思う?」「このジャケット、試着してみるからチェックしてよ」なんて女性と洋服選びをしたり、好きなブランドの話題で盛り上がったりすることも全く苦ではないはずです。

逆にファッションセンスには自信がないし、趣味でもないというのならば、インテリアショップに一緒に行くというのはいかがでしょうか。同棲前のカップルのような気分でソファーやカーテンを眺めたり、コレが良いあっちが良いなどと言い合ったりする行動は、ふたりの距離をぐっと近づけてくれること間違いなしでしょう。

また最近のインテリアショップには、センスの良いDIYグッズや素材などが置いてある場合も多くあります。DIYになら自信があるという男性ならば、女性のはじめてのDIYを手伝ってあげるなどの口実で、さり気なく部屋に上がり込むこともできるかもしれませんね。

10位:カラオケ

口下手で、意中の女性とデートに持ち込めても会話が途切れて間が持たなそうならば、カラオケに誘ってみるというのもなかなかの手です。話すことが何もなくなってもお互いに苦痛になりませんし、相手の音楽の趣味も知ることができ、さらに密室でふたりきりになれると良いことづくめです。

最初は、カラオケで以前に歌ったことがあって、特に自信のある曲を選んで歌うことをおすすめします。その時に流行っている人気曲にチャレンジしても盛り上がりそうですが、一度は練習しておいたほうがベターでしょう。大きく音程を外してしまったり大失敗してスベったりすると、かなりカッコ悪いですもんね。

また、週末ごとにクラブに行って踊るようなクラブミュージック好きな女性や、本格的に楽器を習っているなど音楽に詳しすぎる女性の中には、「カラオケなんてダサい。趣味じゃない」という層も一定数は存在します。そういう女性に「カラオケが得意なんだ!」と言っても決して食いついてはこないため、気になる女性の趣味嗜好については事前のリサーチは必須になります。


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのLINE@に登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO LINE@&東京ナイトライフメルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。