男にとってセックスレスはうつ病になる程辛い?なった時の対処法

古代喜劇の喜劇作家のアリストパネスの作品に『女の平和』というものがあります。紀元前400年頃、アテネとスパルタ両都市の男性は戦争に明け暮れていました。そこで女性が結託し、停戦まで男性とのセックスを拒むことでそれぞれの都市の男性に停戦を結ばせたという話です。

『女の平和』は喜劇ですが、それだけセックスを奪われることは、男性にとって辛いことだというのがわかります。彼女や奥さんにセックスを拒まれ、セックスレスになるのはセックスを奪われることに他なりません。非常に辛いものです。

セックスレスの体験談やセックスレスが男性にとって辛い理由、セックスレス時の男性の本音を紹介します。

セックスレスの体験談

セックスレスが男性にとって辛いものなのは、上でも紹介した通りです。ここでは実際にセックスレスを体験したカップルや夫婦の体験談を紹介します。

セックスレスで浮気をしてしまった男性

結婚後、子供ができるまではよくセックスをしていました。でも妻が妊娠してからは回数がかなり減って、それまで週に3回程度していたのが、2週間に1回くらいに。妊娠期間でもセックスをしても問題ないことは知っていたのですが、流産が怖いというので、「出産まで我慢していればいいや」と思って我慢していました。

しかし出産後は僕と妻と子供の3人で一緒の部屋で寝ているうえ、夜泣きなどもあります。セックスは「また今度しよう」と言われて、1週間後くらいに再度誘うとまた今度と先延ばしになりました。

しつこく誘うと「私は子供のために色々やっているのに!」と怒られます。「また今度」という言葉を信じて、3年程度ずっと待っていました。それなのにいつまで経ってもセックスできる気配はありません。その頃には私たち夫婦は完全にセックスレスだと自覚していました。セックスレスの対処法などを調べて、オススメされていたラブホテルに誘う方法を実践したこともあります。でも全く効果はありませんでした。

3年とちょっと経った時に、その日もセックスを断られてオナニーをしようとしていた時に、魔が差してマッチングアプリに登録しました。当然自分に妻がいるのは隠しています。そしてマッチングアプリでマッチした女の子と会うことに。結局会った女の子とその日のうちにセックスをしました。

自分が浮気するようなタイプだとは思っていませんでしたが、「妻がセックスさせてくれないんだからしょうがない」と思って正当化し、関係は今でも続いています。多分マッチングアプリで出会った女の子は僕に妻がいるのは話しましたが、妻には当然話していません。それでもバレている気がして、自分の子供に後ろめたい気持ちが強いです。ただ今でも「妻がセックスさえ拒まれてセックスレスになってさえいなければ、こうはならなかったのに」という気持ちもあります。

セックスレスで突然別れを告げられた主婦

周りの女性には妊娠してからは全然セックスをしていなかったという人もいます。でも私は性欲がある方だったので、旦那とは妊娠期間中にも、産後も普通にセックスしていました。

だけど旦那が30後半になるに連れて、太ったんですよね。20代で出会った時は、いかにもスポーツしてましたっていう体系でかっこよかったのに。私が高校生の時に電車の中でみて嫌ってた中年男性になっちゃったんです。

それで「生理的に無理」になってしまいました。私の方が強かったので、セックスを拒んでも問題ないだろうって思って、生理的に無理になってからはセックスを拒むようになります。体系が大きく変わってしまった旦那への怒りもあったと思います。どうせ旦那は他の女性に相手にされないと思って「セックスは外でしてきて」って言ったこともありました。

セックスレスが辛いと言って相談された回数は1度や2度ではありません。それでも無視し続けてしまったんです。そうしてセックスレスになってから1年程度経ったときに「話がある」って神妙な顔で言われました。最初は何のことか全く検討もつかなくて、もしかして旦那が何かやらかしたのかもと思っていました。

しかし旦那の口から出たのは「離婚」の2文字です。セックスレスは離婚の理由になる。慰謝料はいらないから離婚して欲しいといわれました。知り合いの弁護士に相談しましたが、十中八九負けるだろうといわれてしまいます。

他の女性とのやり直しを考えてか親権を相手が主張することはなかったので、子供を奪われることはありませんでした。しかし収入0のうえ、家も失うことに。

生理的に無理だなんて思っていましたが、自分がどれだけ旦那に支えられて生きてきたのは離婚して気がつきました。セックスレスで辛いと相談された時に、一緒に解決方法を探っていればよかったのにと今でも後悔しています。

セックスレスで鬱病になった男性

学生時代にほとんど恋愛をしてきておらず、彼女ができたのも婚活パーティーやマッチングアプリを使ってやっとのことです。結婚できた当初は、やっと彼女ができたと大喜び。結婚してすぐにセックスレスになるなんて思ってもいませんでした。

彼女は元からあまりセックスが好きな子ではありません。付き合っている当初も月に3〜4回程度でした。でもそれが結婚して半年も経たないうちに月に2回になります。そして月に1回になって、最終的には結婚して1年足らずで月に1回もセックスをしない月があるような状態になるとは思ってもみませんでした。

気が強くないので、何も言えなかったのですが、ある時相談してみました。「どうしてセックスしたくなくなっちゃったの?嫌いになったの?」と聞いたと思います。セックスレス を解消したくて、勇気を出して聞いたんです。しかし彼女の答えは「だって〇〇(私)のセックスが下手で気持ちよくないんだもん」というものでした。

確かに僕は彼女以外とのセックス経験がほとんどなく、自分がセックスが下手なのは理解しています。しかし恋愛経験がないことを打ち明けた時に「可愛い」って言ってくれていた彼女がまさかそんな風に思っていたなんて考えてもみませんでした。恋愛経験のないところまで全部受け止めてくれていると思っていたんです。

でもそれからは、本当は僕が恋愛経験がほとんどないのをバカにしているんじゃないかって思うようになってしまいました。学生時代も恋愛に対するコンプレックスは強かったですが、そのコンプレックスがぶり返してきてしまいました。

どんどん自分への自信がなくなってきて、仕事から帰って彼女の顔を見るだけで、少し胃が痛む感じがするようになりました。その後も何度か彼女に相談しましたが、明らかに嫌そうな態度を取られるので、すぐに何も言えなくなってしまいます。

誰にも言えずに溜め込んでいるうちに、彼女に暴力を振るって無理やりセックスをしている夢を見るように。これはまずいと思い心療内科にお世話になってみることにしました。診断結果は鬱病です。鬱病になってからは薬を飲むようになりました。

今では彼女も心配して、向こうから誘ってくれたりもするようになりましたが、今度はEDに悩まされるようになってしまっています。

セックスレスは男性にとって非常に辛い理由

体験談に出てきた3人の男性は、どの男性も非常に苦しんでいました。セックスレスは性欲を処理できないから辛いだけというほど単純なものではありません。ここではセックスレスが男性にとって辛い理由を説明します。

自分に自信がなくなる

男性は女性が思っているよりもずっと繊細です。愛する女性にセックスを拒まれ続ければ「もしかして自分のことが好きじゃなくなったのかな?」「セックスで満足させてあげることができていなかったのかな?」と考えるようになり、自信をなくします。

女性が男性の誘いを断って、セックスレスにするのは、同時に男性の自信を奪うことに他なりません。セックスをできないのであれば、理由をきちんと説明して、改善していける点は一緒に改善していってください。

また妻や彼女にセックスを断られる男性は、世の中にセックスレスの夫婦が多いことを理解しましょう。妻や彼女がセックスを断るとしても、何もあなたに原因があるとは限りません。自信をなくす必要はないのです。

自分がセックスレスで辛いということをきちんと理解してもらい、必ず2人一緒に解決に向けて努力していきましょう。

性欲に苦しめられる

当然、男性にとってセックスレスが辛い原因の1つは、性欲を発散できないからです。男性の2割は週に3回〜4回程度オナニーをしています。

また世界の平均のセックス回数は年に100回超えです。日本の男性は草食系だと言われることもありますが日本人も外国人と同じ人間。年に100回程度セックスをする性欲があります。

セックスをパートナーから断られたからといって、他の女性とセックスをするわけにもいきません。それなのに妻や彼女にセックスを断られ続ければ、性欲は溜まる一方です。

セックスレスの男性が、セックスレスが原因で離婚を考えていると告げると、妻は多くの場合「それだけで?」という反応をするといいます。しかし男性にとってセックスは「それだけで?」と言えるような軽い問題ではありません。

居場所がなくなる

セックスを拒まれることにより、自分の存在そのものを否定されたような気分になる男性も少なくありません。女性はなんとなく断っているだけでも、男性は自分が必要とされていないと感じることもあります。

自分が否定されたと感じた男性は、自分の家にもかかわらず、居場所がないと感じてしまうものです。妻のためにも頑張っている仕事から帰って、癒される場所であるはずの家に居場所がなかったらどれだけ辛いかは想像に高くないでしょう。

セックスレス時の男性の本音

ここからは男性がセックスを拒んでいる場合も含めて、セックスレス時の男性の本音を紹介します。

自信がない

女性にセックスを拒まれて自信をなくす男性もいますが、自信がないからセックスを拒む男性もいます。以前にセックスで失敗をしてしまったり、勃起しにくくなってしまったりしている男性に多いです。

その場合は、セックスレスを解消するためにあまりセックスを男性に求めてしまったり、「どうしてセックスしてくれないの?」と責めてしまったりするのだけはいけません。自信がない男性にセックスを無理に求めてしまうと、余計に萎縮してセックスをできてない状態になってしまいます。

飽きた

男性がセックスそのものに飽きるということは稀です。しかし同じパートナーとのセックスは繰り返しているうちに飽きてしまうという男性は少なくありません。もしセックスに誘っても、彼氏や旦那が応じてくれないのであれば、その女性とのセックスに飽きてしまっている可能性は高いです。

性欲もセックスをする元気もあるにもかかわらず、男性が飽きてしまっていることが原因でセックスレスになっている場合には、飽きを感じさせないようにしましょう。イメチェンをしてみたり、普段は着ないような服を着てみるのがオススメです。

体力的にきつい

セックスを1回すると100m走をした時と同じくらい疲れると言われることが多いです。男性はセックスの度に100m走をするくらいの体力がいるので、仕事などで男性が疲れている状態ではセックスに応じることが難しくなっています。

そのため男性が疲れていないタイミングを狙ったり、普段から男性が疲れてしまわないように栄養のあるご飯を食べさせたりすると良いでしょう。

悲しい

自分の彼女や奥さんからセックスを断られている男性の気持ちは、「悲しい」一言に尽きるでしょう。セックスは夫婦のコミュニケーションの一環だと考えている男性は少なくありません。コミュニケーションを断られることは、自分の存在を否定され、嫌われていると感じてしまうこともあります。

セックスレスに悩んでいる男性の中には、セックスを拒む彼女や妻に怒りを覚えている場合も少なくありませんが、悲しんでいる人が大半でしょう。

浮気しそうになる

セックスが目的で結婚をしたり、付き合ったりするわけではありません。しかしセックス は結婚生活や交際の一環だと言えます。そのセックスを断られてしまえば、彼女や妻としての責任を果たしてもらえていないということです。

男性には性欲があります。それを承知のうえで、セックスを断って責任を果たしてもらえないのであれば、浮気してセックスをするしかないと考える人は多いです。

セックスレスの対処法

短時間でやる

男女ともにセックスは激しく時間をかけてやるものだという認識があると、「面倒くさいし、大変だから」とセックスを避けるようになってしまいます。その場合はセックスに対する認識を改めるのが重要です。

セックスは激しく長時間行う必要はありません。寝る前に少しイチャイチャしてから、対面座位で軽く挿入して、愛情を確かめ合う程度でも良いのです。お互いの負担にならないようなセックスの方法を見つけてください。

ラボホテルに行ってみる

家だと日常の空間という意識が強かったり、子供がいたりという理由で、なかなかセックスをしようという気にならない人もいます。そんな場合にはラブホテルに行って気分を変えてみるのも良いでしょう。

またもしも子供を両親や兄弟などに預けることができる場合や、子供がいない場合には、旅行などに行ってみるのもオススメです。結婚する前、付き合っていた頃には旅行に行って一緒に泊まる度にセックスしていたという人は少なくないでしょう。旅行に行けば、当時のようにセックスをする流れにすることができるかもしれません。

そして旅行でのセックスができれば、それをきっかけに家でも誘ってみましょう。ただし旅行先での久しぶりのセックスが満足いくものでなければ、余計に断られてしまいやすくなるかもしれません。最大限相手を満足させるセックスを心がけましょう。

スキンシップを増やしてみる

スキンシップを増やしてみるのもオススメです。普段からスキンシップがない夫婦やカップルがスキンシップの究極系とも言えるセックスをできるとは到底思えません。

ただしセクシュアルなスキンシップを頻繁に行うのは避けるべきです。セクシュアルなスキンシップをしていると、慣れてしまい、男性が女性に性的な魅力を感じにくくなってしまいます。胸を触ったり、お尻を触ったりというのはセックスの前でだけにしましょう。

外で女性を作る

セックスは拒んで来るものの、それ以外の点は非常に良い奥さんというのもいます。その場合にはリスクを負う覚悟で、外に女性を作るのもありです。

奥さんのことを隠していると、新しい女性にも奥さんにも嘘をつかないとならず、バレる危険性が跳ね上がります。そのため新しい女性には、自分が奥さんがいること、そしてその女性と付き合う気は無いことを明確にしておきましょう。関係を持つのは、それでもOKだという割り切った関係になれる女性だけにしておくのがオススメです。

離婚をする

セックスレスが辛くて、相談をしても奥さんが改善の努力も、こちらへの要望(痩せてほしいなど)も教えてくれない場合には、離婚するのも視野に入れましょう。

民法の770条は夫婦が離婚を求めて裁判を起こせる理由を「その他婚姻を継続しがたい重大な理由があるとき」と定めています。そしてセックスレスはまさしく婚姻を継続したがい重大な理由の1つです。離婚を求めれば離婚をできるケースがほとんどだと言われています。ただし妻に責任があって、離婚をする場合でも親権を母親に取られてしまうことも多いです。


東京ナイトライフを運営している牧野ヒロ(HIRO)です!こちらのLINE@に登録いただくと「セフレを無限にゲットしてやりたいときにやりたい美女を選び放題にできる方法」PDFと私が経営するお店のシークレット女性写真を無料でプレゼントいたします!

HIRO LINE@&東京ナイトライフメルマガ(すぐ登録できます!)

※万が一届かない場合は「PDFください」と一言メッセージいただけると助かります。また届いた場合も「届きました!」などいただけると嬉しいです。


東京ナイトライフでは「素人美女・芸能人との出会い方・口説き方、銀座高級クラブ・西麻布ラウンジでの振る舞い方、ファッション・エスコート・会話術で男を磨く、高級交際クラブ・高級会員制デリヘルで失敗しない遊び方、AI搭載ラブドール・VRアダルトビデオ・VR風俗など近未来の性体験レポート」などお役立ち情報から最新ニュースまでをお届けしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京の夜遊びを日々研究する生粋の遊び人 東京の夜を様々な角度からご紹介しあなたの夜遊びをサポートする。自身でも様々な夜遊びを経験し、その体験やノウハウを惜しみなくこのTOKYO NIGHT LIFEにまとめて行く。 少しでもあなたの最高の夜遊びに貢献出来たら嬉しいです。